/. 大岡昇平「野火」 キャスト. Copyright ©  映画ログプラス All rights reserved.

『野火』は塚本監督の自主映画といっていい作品です。なので、予算はそれほどかかっていません。スタッフもツイッターなどで集め、小道具や衣装も手作りで用意したそうです。それにしては異常に迫力があるのがこの映画のすごいところです。 — 『野火』戦後75年アンコール上映 (@nobi_movie) August 7, 2020 尾道といえば、大林宣彦監督の故郷。 2015年には「塚本晋也×大林宣彦 2大映画作家対談 in 尾道~次代へ伝える戦争と平和~」と題して、『野火』と『野のなななのか』(2013年)の上映と、両監督の対談を企画した。

監督・脚本・編集・撮影・製作.

映画「野火 Fires on the Plain」公式サイト。塚本晋也監督作品 大岡昇平原作 なぜ大地を血で汚すのか 戦後70年を「野火」で問う。 全世界の女性たちが共感

私たちはジヨンの人生を通して違和感と痛みの正体と、未来への希望を知る 映画『薬の神じ…, ―この世界を、生きる。生きていく 監督:塚本晋也原作:大岡昇平脚本:塚本晋也撮影:塚本晋也、林啓史編集:塚本晋也音楽:石川忠出演:塚本晋也、リリー・フランキー、中村達也、森優作 ほか, 日本軍の敗北が決定的なレイテ島。結核を患った田村一等兵は野戦病院行きを命じられ、部隊から追い出される。しかし病院でも追い返され、舞い戻った部隊でも入隊を拒否される。行き場を失い、激しい空腹に苦しみながら果てしない原野を彷徨い始めた田村だったが…。(allcinemaより), 別に意図したわけじゃないんですけど、8月15日の終戦記念日に観に行きました。この日は25歳以下の人が特別料金の500円で鑑賞できたんですが、僕が行った15時の回は30代以上の人が多かったように思います。老け顔の人が多かっただけなのかもしれませんけど。ちなみにテレビ局の人たちが取材に来ていて、25歳以下と思われる人たちがインタビューされてました。僕に声がかからなかったということは、やっぱり25歳以下には見えないんですね。, さて、『野火』ですが。これ、ほとんどホラー映画です。というか、日本軍が太平洋戦線で置かれた状況そのものが、これまでの一部の戦争映画で描かれてきたようなヒロイックなものではなくホラーそのものだったのかもしれません。乱暴にまとめると「食料も武器弾薬も送れないけど根性でなんとかしろや」って話です。ワタミの社長も真っ青ですね。, 映画が始まってすぐに気づくのが、映像のヴィヴィッドさです。『プライベート・ライアン』以降の戦争映画というのは基本的に彩度を落としていることが多いのですが、『野火』は不自然なぐらいに鮮やかです。勝手な推測ですが、「記録映像っぽさ」を出すために彩度を落とした『プライベート・ライアン』のような作品とは違って、『野火』では「ただの遠い過去の話にはしたくない」という意図があったのではないでしょうか。あとは、ジャングルの緑とその中で人間がドンパチやってる愚かしさの対比かな。, 『野火』は塚本監督の自主映画といっていい作品です。なので、予算はそれほどかかっていません。スタッフもツイッターなどで集め、小道具や衣装も手作りで用意したそうです。それにしては異常に迫力があるのがこの映画のすごいところです。途中で『プライベート・ライアン』の冒頭を彷彿とさせる凄惨な場面があるんですが、ここでの過剰なまでの人体損壊描写は観る人によってはトラウマになるほど過激です。, あと、ジャングルのそこかしこに転がってる死体の描写が妙にリアルです。特に日本映画は死体の描写がクソぬるいことが多いと思うんですけど、『野火』に出てくる死体は本物っぽい。予算がない中、どうやってこの本物っぽさを出したのだろうと不思議に思います。, この映画は、全くスカッとしません。基本的にやられる一方ですし、ヒーローみたいな人も出てきません。感動の涙も流れません。敵を倒すとか倒さないとか以前に、兵士たちは自分たちが生き延びるので精一杯です。語弊があるかもしれませんが、塚本晋也版『野火』にはドラマ性すらありません。むしろ、安易なドラマツルギーを排しているようです。人の体が血と臓物を詰め込んだヤワな肉袋であり、腐ればウジがわき生きながら少しずつ食べられていくという事実をこれでもかと叩きつけてきます。, 塚本監督はフランシス・フォード・コッポラの『地獄の黙示録』がお好きだそうですが、『野火』はその予算縮小版ともいえるかもしれません。登場人物と作り手の狂気がリンクしていくという点において、この2作は共通していると思います。塚本監督はコッポラほどメタメタな状態には陥っていなかったかもしれませんが(ほぼ自主制作な分、逆に正気を保てたのかも。マーロン・ブランドみたいなめちゃくちゃな役者は『野火』の現場にはいなかっただろうし)。, もう一度技術的なところに目を向ければ、この映画にものすごく貢献してるのは「音」でしょうね。自主映画とかに少しでも関わったことのある人ならわかると思いますが、音の影響ってすごくでかいんです。画が少しぐらいチープでも音に迫力があると補完できる。『野火』では、たとえば機銃掃射を受けるシーンなんかで音響の効果が如実に出てます。あとは…ネタバレになるから控えよう。, とまあクソみたいな駄文をつらつら書いてきましたが、とにかく『野火』が今夏必見の映画であることは疑いようもありません。気分が悪くなったとかめしが食えなくなったとか、そんな苦情はいっさい受け付けません。是非、劇場で大画面で観てください。それから、お金がないとかハリウッドと比較するなとか言い訳する業界の人たちはこの映画を1恒河沙回ぐらい観た方がいいと思います。ま、大資本だとその分余計な口出しをしてくるクズとかが多くなるみたいなんで、一概に作り手だけの責任ではないんですけど。, q050351さんは、はてなブログを使っています。あなたもはてなブログをはじめてみませんか?, Powered by Hatena Blog

心に響く音楽、 戦後70年に当たる2015年に初公開した塚本晋也監督の『野火』。これまで戦後71年、72年、73年、74年と毎夏上映を重ねてきました。そして戦後75年を迎えた今年も終戦記念日を中心に、渋谷・ユーロスペースほかにて全国上映を行わせていただく運びとなりました。, 初公開時、塚本監督が「今、実際に戦争の痛みを知る人がいよいよ少なくなるにつれ、また戦争をしようとする動きが起こっているような気がしてなりません。」と述べていますが、さらに時が進んだ今、引き続きスクリーンを通して戦争を体感していただき、戦争の恐ろしさを記憶にとどめていただきたいと考えております。, 戦後75年の今年は東京都内での塚本晋也監督の登壇のほか、劇場とオンラインでつながるリモートトークも実施予定です。, 戦後70年にあたる2015年に初公開した塚本晋也監督の『野火』。構想から20年の歳月をかけ完成させ、2014年にヴェネチア映画祭メインコンペティション部門出品、翌年に全国83館で劇場公開され、その後も、製作当初から「『野火』を毎年終戦記念日に上映されるような映画にしたい」という塚本監督の思いに共感した劇場にて、毎年アンコール上映を重ねてきた。, 初年度からの劇場・自主上映含む総観客数はおよそ9万2000人にのぼる。公開から6年目となる戦後75年の今年も渋谷・ユーロスペースを中心に全国32館の劇場で上映が決定。(7月10日現在)初年度ぶりの上映となる劇場もある。 今夏のアンコール上映に際しては、メイン館である渋谷・ユーロスペースと新文芸座の東京都内の2館で、塚本晋也監督のトークイベントを実施のほか、東京都外の劇場とはオンラインでつないでリモートトークも実施予定(一部劇場を除く)。各劇場のリモートトーク実施の有無、日時等詳細は劇場HP、『野火』オフィシャルサイト・SNSにて随時発表する。, 戦後70年に公開した「野火」。今年で6年目の上映になりますが、毎年終戦記念日を中心に多くの劇場で上映してくださっています。 今年は戦後75年。他界された大林宣彦監督が言い残されたように、戦後70年のときに感じた世の中への不安はますます大きくなっていくばかりです。大林監督によると、今はすでに戦前かもしれないのです。 ぜひ「野火」を劇場の臨場感で体験していただき、ひとりひとりが戦争という極限の虚無に近づかないよう、これからのことを考えていただけたら、と思います。, 本作が公開された2015年について塚本晋也監督は「戦後70年は、実際の戦争に行かれた方々がほとんどいらっしゃらなくなった年。戦争の痛みを知る方々が少なくなるにつれ、戦争に近づいてしまうという恐れを実感する。」と述べた。そこから時代はさらに進み、今年4月10日には、戦争の恐ろしさを伝え続けた名匠・大林宣彦監督が、最新作『海辺の映画館 キネマの玉手箱』の公開を控えながら逝去。大林監督は死の直前、次の世代を担う4人の監督に遺言とも言える言葉を残していたという。その一人が塚本晋也だった。(※7/5放送NHK BS1スペシャル「映画で未来を変えようよ~大林宣彦から4人の監督へメッセージ」より/再放送予定:①7/11(土)前10:00〜10:49 ②7/14(火)前0:50〜1:39)大林監督から託された未来を守ること。映画を通し、戦場の恐怖、戦争の痛みを共有することがそれにつながることを願う。まずは観客のみなさまに、劇場の大きなスクリーン、大きな音響で、塚本監督の『野火』の世界を体感してほしい。そしてこの機会に平和について一緒に考えていきたい。, 第2次世界大戦末期のフィリピン・レイテ島。 日本軍の敗戦が色濃くなった中、田村一等兵(塚本晋也)は結核を患い、部隊を追い出されて野戦病院行きを余儀なくされる。しかし負傷兵だらけで食料も困窮している最中、少ない食料しか持ち合わせていない田村は早々に追い出され、ふたたび戻った部隊からも入隊を拒否される。そしてはてしない原野を彷徨うことになるのだった。空腹と孤独、そして容赦なく照りつける太陽の熱さと戦いながら、田村が見たものは・・, 2014年/日本/87分/PG12 製作・配給:海獣シアター (2016年4月より配給:新日本映画社) (C)SHINYA TSUKAMOTO/KAIJYU THEATER 公式HP:http://nobi-movie.com/. 戦後75年、塚本晋也監督「野火」全国でアンコール上映 2020年7月12日 「怪物事変」21年放送 追加キャストに小野大輔、花澤香菜、花守ゆみり、下野紘 | 塚本晋也、リリー・フランキー、中村達也、森優作. All rights reserved. 『野火』(のび、Fires on the Plain )は、大岡昇平の小説。1951年に『展望』に発表、翌年に創元社から刊行された。作者のフィリピンでの戦争体験を基にする。死の直前における人間の極地を描いた、戦争文学の代表作。第3回(昭和26年度)読売文学賞・小説賞を受賞している 。 第71回ベネチア国際映画祭で話題となった『野火』が2015年7月25日に公開されます。作品のあらすじや監督情報、注目のキャストについてまとめました。 【公開】 2015年(日本) 【監督・脚本・編集・撮影・製作】 塚本晋也 【キャスト】 塚本晋也、リリー・フランキー、中村達也、森優作、中村優子、山本浩司、山内まも留 【作品概要】 高校生時の塚本晋也が、大岡昇平の問題作『野火』を読んだ感動を念願を叶えて完全実写化。戦後70周年を迎えるにあたり、日本社会の状況が右傾化していく危惧を感じ、「これはヤバイ」と単独で撮影で挑んだ渾身の一作。 また、1959年に、市 …

安保関連法案が与党の強行採決によって衆院を通過した。これまでの憲法解釈では認められていなかった集団的自衛権の行使が盛り込まれており、多くの批判が広がっている。その不穏な流れにくさびを打ち込むべく公開されるのが「野火」だ。日本の安保政策... 「七人の侍」から「万引き家族」まで! 英国映画協会が選ぶ、1925~2019年の優れた日本映画95本, 個人評価:3.5ストレスの伝道師 塚本晋也。本当の地獄といえども、ここまでの地獄ではないだろう。壮絶な状況に自然と脂汗が出てきて、自分から嫌な臭いが出ている様だ。日本軍が敗北するフィリピン戦線。その悲惨な地獄をまさにリアルに描写している。人の命より芋が価値を持った時、今までの人間のルールが崩壊し、生物の本質が剥き出しになる。, 原作未読石川達三の『生きている兵隊』は読んだことがあるが大岡昇平は読んだことがない1959年の市川崑監督作品の方も観たことがない原作も市川崑版も近日目を通しておきたいと感じさせた作品劇場で観る予定だったが観ることが出来なかったリバイバル上映も見落とした遠くの小劇場なうえに上映期間が短すぎるこの映画に関して監督本人のインタビュー記事も読んだ全てがありきたりで空々しい宣伝文句だった中共と違いとても自由なこの国であれが本心なら痛すぎるし塚本晋也お前もかと残念な思い少しでもたくさんの人に観てきてもらうための釣りだというならとんだ食わせ者である市川崑監督は世代的に戦争体験者な筈だが政治的発言はあまりしない人だったと記憶している右翼的発言もしなければ左翼的発言もしなかった指原莉乃的態度が左翼に嫌われたのだろう塚本晋也監督は暴力映画を作るのが大好きな監督だグロいのも大好きだ自主制作的なことも大好きで完全に雇われ監督の市川氏とは全く正反対のアーティストだ『野火』はあくまでモチーフであり反戦メッセージなんて客寄せの嘘大袈裟紛らわしい謳い文句に過ぎないバイオレンスは彼の趣味である戦場でのサバイバルをただただありのままに描いている本人が主演しているとにかく出たがりの監督である村西とおると同じ感覚なのかもしれないあっちがエロならこっちはグロ北野武は超有名人だからまだいいが塚本晋也監督は邦画をよく観る映画ファンくらいしか知らないだろうリアルを追求したいのならいくらなんでも兵隊役に当時60近い人が演じなくても良かろう20代30代40代前半で演じられる役者がいくらでもいたというのにこういうところもあって塚本晋也の政治的発言は嘘くさい作品そのものはそれほど悪くない表向き反戦をテーマにしているからと言ってどんな陳腐な作品でも全面的に肯定する思想はないがこれは駄作ではない映像がきれいすぎるのがかえって安っぽく感じてしまうが低予算を言い訳にして欲しくはない交渉次第で朝日新聞やイオングループや中国共産党がいくらでも支援してくれたのだからリアルなホラー映画として楽しむなら良いんじゃないか母方の祖父は母が生まれる前にビルマで若くして戦死した銃撃や爆弾ではなく飢えで亡くなったそうだどんなにつらく苦しかったことだろう母は最近高齢ならではの愚痴が多くなった物忘れも酷くなりトンチンカンなことばかり言っているがそれを自分で笑い飛ばしているそれも長生きしたからできる幸せの一つだビルマで亡くなった祖父はそんなこともできずに死んだのだ僕は戦争映画に反戦のメッセージなんか必要だと感じない映画で戦争が無くなるならこの星に政治家はいらない他人のマスターベーションは見たくないアメリカの手助けはしてきたとはいえどこの国とも直接戦争しなかった日本にそんな説教は飽き飽きだしうんざりだ答え合わせはもはや必要ないリベラルを自称するなら某右寄り作家なんかより習近平を憎め観た人がそれぞれどう感じるかは自由である自由ゆえに他人のレビューを批判することも自由だ戦争賛美や戦争美化とは左翼の思い込みでありラサール石井的な言いがかりである好戦的で不寛容な彼らに平和的なものは全く感じない絵空事で体験したつもりになって戦争の悲惨さを訴えてもそれは小学生レベルの退屈な感想文であるネットでネトウヨ煽りしている暇があるならタイにでも行って地雷除去の手伝いしてこい, 戦後70年という節目に公開された本作、観客は年配の方が半数近くをしめており、中には戦争体験者と思われる高齢の方も何人か見かけました。もちろん平日の午後といった時間帯もあったからだと思いますが、様々な世代からの関心の高さが伺えました。日本での戦争映画というと「国や愛する家族のために散って行った英霊」といった作品作りが多い気がしますが、この作品ではそういった類の演出はまるでありません。人肉という禁忌を一つのテーマに、戦場という異常な空間をただひたすらに描いています。累々と横たわる死体、飢えと渇き、肉片と血飛沫、満ち溢れる狂気。徐々に人が人で無くなっていく様が、スクリーンを通してずっしりと重く伝わってきます。カメラワークや音響も効果的で、その戦場に自分が放り込まれた様な気分にもなります。また塚本作品の特色として、凄惨な話でもラストには必ずといっても良い位に「光」を入れています。そこが好きだったりするんですね。しかしこの作品ではそういった「救い」はなく、最後まで戦争の恐ろしさだけをぶつけてくるのです。観ていて少し恐ろしい気持ちになるのですが、こういったブレない所にも監督の意気込みが伺えます。少しずつ戦争を知る者がいなくなる中、この作品の持つ意味は実に大きいのではないのでしょうか?こんな今だからこそできるだけ多くの人に観てもらいたい。切実にそう思う、もの凄い作品でした。, 第二次世界大戦で日本が負けてから、75年がたった2020年。75年前の今日8月6日、広島に原爆が落とされた。たくさんの人が命を奪われ、大切な人を失い、たった一度の人生を狂わされただろうと思うと、二度とそのような事があってはならないと強く思う。リリー・フランキーさん出演作品を探していて見つけた本作。レビューを鑑賞前に数件読んで、鑑賞するには覚悟がいるなという印象を持ったが、みるなら少しでも同じ過ちを繰り返さないという気持ちを思い出す今日鑑賞したいと思った。今までも数々の戦争を描いた映画を観てきたが、本作ほど頭から最後まで、緊張して鑑賞した戦争映画は無かったように思う。ただただ、ずっと怖かった。緊張していた。次は何が起こるのか、想像ができない自分。戦争を体験したこともない私にとっては、勿論、想像などできるはずもなく。一人の兵隊が経験した戦争というものを90分みっちりと見せられた。グロテスクなシーンはたくさんあるが、これでも現実よりはまだ優しいのでは?と思えてくる。匍匐前進をするシーンやジャングルを走り回るシーンなど、見たこともない景色だった。これを命がけでしていた兵隊達の気持ちなど、想像できるわけがない。これをその人達の幸せな人生を犠牲にしてまでやっていた事なのかと思うと胸が苦しくなる。よくある戦争映画には、主人公の身内の立場の女性がいますが、自分も女性としてそういうキャラクターがいるとついついそちら目線で映画を観てしまうが、本作品ではそういう事も皆無で(最後にチラッとじょせいはでてきますけどね)ひたすら兵士がどんな環境で、どのように時を過ごしていたかが描かれているのも、自分にとっては新鮮でした。人が人でいられなくなる環境というのは存在する事がよく分かりました。とてもじゃないが、私はこんな場所では生きていけないと思った。だからこそ、戦争は二度と起こしてはいけないと思う。なんでもありなのが戦争。そこにモラルなど存在しない。どれだけ時間が過ぎようと、私たちが過去の失敗、過ちを忘れてはいけない。その為に、このような映画が必要なんだと思う。恐ろしくて二度は観られないが、人には勧めたいと思う。, 見どころ解説・レビュー 実話から着想を得た感動サクセスストーリー! 中条あやみの熱演光る!, 【2週間無料トライアル】メジャーからZ級まで世界中のホラー映画・ドラマが《見放題》, 「鬼滅の刃」興行収入200億円突破! 歴代興収ランキング5位に2020年11月9日 12:12, 北川景子主演「ファーストラヴ」本予告完成 Uruが主題歌に書き下ろし曲、挿入歌に新曲を提供2020年11月9日 05:00, 永瀬正敏、「Malu 夢路」での謎の男役は「でき上がって初めて知った」2020年11月9日 12:00, 庵野秀明初監督OVA「トップをねらえ!」全6話を劇場上映 来場者特典は生コマフィルム2020年11月9日 08:00, 柳楽優弥、北斎が「鬼滅の刃」に与えた影響に驚き 田中泯は「北斎に喜んでほしい」と願いこめる2020年11月9日 18:20, 【国内映画ランキング】「鬼滅の刃」3週目で歴代興収ランクTOP10入り、2位「罪の声」は好スタート2020年11月3日 11:00, 【コラム/細野真宏の試写室日記】劇場版「鬼滅の刃」興行収入200億円突破はいつ? 「千と千尋の神隠し」超えの可能性は?2020年11月5日 17:00, ショーン・コネリーさん死去 ダニエル・クレイグ、ロバート・デ・ニーロらが追悼2020年11月1日 09:30, 「鬼滅の刃」×GUコラボ、第2弾が11月下旬スタート 秋冬活躍アイテムなど販売2020年11月1日 13:30, 「鬼滅の刃」興収157億、動員1100万人を突破!2020年11月2日 12:20, 北川景子主演「ファーストラヴ」本予告完成 Uruが主題歌に書き下ろし曲、挿入歌に新曲を提供, 庵野秀明初監督OVA「トップをねらえ!」全6話を劇場上映 来場者特典は生コマフィルム, 柳楽優弥、北斎が「鬼滅の刃」に与えた影響に驚き 田中泯は「北斎に喜んでほしい」と願いこめる, 【国内映画ランキング】「鬼滅の刃」3週目で歴代興収ランクTOP10入り、2位「罪の声」は好スタート, 【コラム/細野真宏の試写室日記】劇場版「鬼滅の刃」興行収入200億円突破はいつ? 「千と千尋の神隠し」超えの可能性は?, 「ストックホルム・ケース」(C)2018 Bankdrama Film Ltd. & Chimney Group.



国際線から国内線 乗り継ぎ コロナ, キラメイジャー キャスト発表, あさが来た モデル 津田梅子, 福島牝馬ステークス2020 結果, 吉岡里帆 公式, 吉岡里帆 Cm レノア, Nhk 受信料 時効 引越し, 鳥越裕介 再婚, ロッテ ホテル ソウル 旧館, ロイヤリスト ユニオニスト, 君と100回目の恋 漫画 結末, 藤井聡太 タイトル, ロッテ 交流戦 ポスター, ウィーランド 打撃, 幕張総合高校 倍率, 鳥越裕介 家族, メジロ 牝馬, サッカー推薦 高校 埼玉, 花唄 主題歌, 起亜タイガース 選手, パリーグ 投手 勝利数, アメリカ スポーツ文化, 昌平 選手権, 薔薇 ガブリエル 花言葉, ロッテ フランコ, サバイバー 日本版 1st, 広島カープ 先発ローテーション, ソフトバンク 中継 無料,