Copyright ©  糖尿病お助け隊 All rights reserved. アジ、サバ、イワシ、サケ、マグロ、カツオ、イカ、タコ、エビ、貝類など。, 「し」シイタケ(キノコ類) 甘い果物を食べると糖尿病になるって本当ですか? A. ニンジン、タマネギ、カボチャ、キャベツ、ナス、キュウリ、トマト、大根、ゴボウなど。, 「さ」魚(魚介類) 缶詰に入っている果物やドライフルーツは糖度が高いため、糖尿病食品交換表では果物ではなく嗜好食品として扱われていま …

果物が糖尿病に適している理由は、果物に多く含まれる酵素にあります。酵素は消化を手助けする作用があるため、インスリンにあまり頼らなくてもエネルギーに転化できます。また、炭水化物の吸収をおだやかにしてくれる、食物繊維も豊富に含まれていることも、果物が推奨される理由のひとつです。 :JAMA.292:927-934,2004), 果糖が肝臓で脂肪の合成を促進させてしまう結果中性脂肪が増え、インスリン抵抗性が上昇してしまいます。インスリン抵抗性が上昇するということは簡潔に説明すると「糖尿病の治療がしづらくなる、、、=糖尿病が悪化しやすい」ということです。研究では果糖飲料のほうがブドウ糖飲料より糖尿病が悪化しやすいという結果も出ています。, ブドウは果糖とブドウ糖が同じぐらい含まれており、一方イチゴ、スイカには糖分は少ないです。この中で一番炭水化物が含まれているのはバナナです。, ハーバード公衆衛生大学院の疫学調査では「ブルーベリーを毎日200g食べる人」は糖尿病のリスクが23%低下するという結果報告が出ました。また同時研究で「ブドウを毎日500g以上食べる人」はリスクが19%低下、毎日500gのリンゴ、洋ナシでは糖尿病のリスクが17%低下する、ということもわかっています。浜松大学と農研機構果樹研究所の共同研究では毎日温州みかんを3個ほど食べる人は糖尿病のリスクが57%低下するといった研究報告もなされています。, なぜ果物が糖尿病を悪化すると言う報告がある中、全く逆の糖尿病が良くなるという報告もあるのでしょうか?, WHO(世界保健機関)、FAO(国際連合食糧農業機関)では生の果物や野菜を一日に400g以上を摂取することを推奨しています。日本人の成人の果物の摂取量は一日平均100グラム。一日200グラムを目安に果物を食べると、糖尿病の発症リスクも軽減されることが期待できます。ただしこれは糖尿病でない方です。, 糖尿病の方は果物は空腹状態で食べると血糖値が上がりにくいので、果物は食事の最初に食べるのがおすすめです。摂取量としては一日100gが最善であると考えます。食後に果物を食べると血糖値が著しく上昇してしまいます。食後血糖値の上昇を抑えるに食べる順番が重要で、果物は食事の最初に食べることです。, ミカン:1個、リンゴ・洋ナシ:2分の1個、ブドウ:2分の1房、カキ、モモ:1個 です。, 果物はおいしいですが、食べ過ぎは要注意です、果物を上手に食べて、食べ過ぎず、かつ無理に我慢せずに、付き合うようにしましょう。.

MAKINO PUBLISHING

果物を食べても糖尿病リスクは上昇しない 日本人5万人を5年間追跡した「JPHC研究」で、果物を多く食べる人では、2型糖尿病のリスクが上昇しないことが分かった。 果物は糖尿病やダイエットに必須また絶対に食べてはいけない果物も存在します。こんにちは!かぼていんです😊()果物は太ると思っているあなた果物には糖分が含まれているので、血糖値を上げてコントロールを悪化させるといったイメージを抱

ただし、血糖値をまったく上げないわけではないので、一度にたくさん摂るのではなく、1日2回に分けるなどして摂取するのが望ましいでしょう。夕方や夜に食べると睡眠中に血糖値を上げてしまうことになるため、基礎代謝が高い朝に摂るのがおすすめです。, 最近、スーパーなどで売られている果物はどれも甘く、食べやすくなっていますね。その反面、糖度の過剰摂取も懸念されます。より効果が期待できる果物を知り、うまく活用していきましょう。, 果実類のなかでも、糖尿病に非常に有効であるとされているのが上記に挙げた、ブルーベリー、ブドウ、リンゴ、グレープフルーツなどです。これらの果実に共通しているのは、食物繊維が豊富なこと。食物繊維は炭水化物の吸収をおだやかにする作用があるため、血糖値がゆるやかに上昇します。特にブルーベリーは食物繊維を非常に多く含み、その効果は群を抜いています。目の健康にもいいアントシアニンや抗酸化作用を持つカテキンなどの栄養素も豊富に含んでいますし、積極的に摂りたいです。, 缶詰に入っている果物やドライフルーツは糖度が高いため、糖尿病食品交換表では果物ではなく嗜好食品として扱われています。ゆえに、糖尿病の方や予備軍の方は一般的にあまりおすすめされていません。また、ビタミンCの含有量も生の果物より少ない為、ビタミン摂取を目的とする際には生の果物の方が適しています。また、カリウムが豊富に含まれているので、糖尿病腎症や腎臓疾患のある人も注意が必要です。

上瀬クリニック院長。1947年生まれ。名古屋大学医学部卒業。名古屋大学医学部附属病院分院、松阪中央総合病院を経て、82年、上瀬クリニック開院。著書に『カロリー制限でもない 糖質制限でもない 第3の糖尿病食「朝フル・まご和食」』(ルネッサンス・アイ)など。▼研究論文と専門分野(CiNii)▼「朝フル・まご和食」のすすめ(Web医事新報), 「糖尿病は治らない」「合併症を予防するために一生薬を飲み続けなければならない」……そう思っている人が多いのではないでしょうか。しかし、それは正しくありません。, 私は長年、食事と生活習慣病の関係を研究し、生活習慣病を予防する理想の食事を模索してきました。, 生活習慣病のなかでも、とりわけ食事の影響が大きいのは糖尿病です。糖尿病は、糖質や脂質のとり過ぎが原因だといわれています。しかし、ほんとうにそうでしょうか。, 私の研究では、ご飯や魚、食物繊維の多い食品の摂取が減り、小麦食品(パンやパスタなど)や油っこい肉料理が増えたこと、つまり、和食離れが大きな原因だと考えられます。, 和食は、1977年に米国で報告された「マクガバン・レポート」で、ガンや慢性疾患に予防効果のあることがわかりました。それ以来、健康によい食事として、世界中で認められています。, しかし、和食にも欠点があります。それは塩分が多めで、カリウムを多く含む生の野菜や果物が少ないことです。つまり、塩分が多いだけでなく、塩分を排出するカリウムも少ないわけです。これでは、血圧の高い人には推奨できません。, 和食は9割までは理想的な食事なのに……と、思っていたときに出合ったのが、米国のエドワード・ハウエル博士が提唱した「酵素栄養学」でした。, 酵素は、あらゆる生命活動に必要な栄養素(たんぱく質)です。体内でできる酵素は、大きく分けると、食べた物を消化する「消化酵素」と、新陳代謝や免疫活動に関係する「代謝酵素」の二つがあります。, 例えば、加熱された食品を多量にとっていると、体内の消化酵素はどんどん減ってしまいます。そこで大事なのが、体内酵素の無駄遣いをしないことと、体の外から酵素(食物酵素)を補うことです。, 食物酵素は、生の食品(果物、野菜、魚など)や発酵食品(納豆、甘酒など)に多く含まれています。生の食品をたくさんとって酵素を補給することが、酵素栄養学では健康長寿につながると考えます。, 日本の優れた健康食である和食と、和食に不足している酵素。この二つを組み合わせ、私が考案した食事療法が、「朝フル・まご和食」です。, 簡単にいうと、朝食は酵素がたっぷりのフルーツ食で、昼食と夕食は「ま・ご・わ・や・さ・し・い」のそれぞれの頭文字の食材(豆類、ゴマ、ワカメ、野菜、魚、シイタケ、イモ類など。詳細は下項参照)を基本にした和食をとる、というものです。, 私は、すぐに自分でこの食事療法を試しました。すると、180mg/dlあった中性脂肪値が、1ヵ月で126mg/dlまで下がったのです(基準値は30~149mg/dl)。それまで、何をしても改善しなかったので驚きました。それに、3ヵ月で体重が6kg減り、とても体調がよくなりました。これが15年ほど前のことです。, 私が食養の研究をしているのを知っていた、大学の同級生(整形外科医・当時57歳)から、連絡をもらったのもそのころでした。診察が終わると体がだるいので、血液検査をしたところ、空腹時血糖値が360mg/dl、ヘモグロビンA1cが8.6%もあったそうです。, 食事療法は、きちんと遵守しなければ、効果は得られません。彼ならやってくれるという信頼感があったので、「朝フル・まご和食」を勧めました。, 効果はすぐに現れました(上のグラフ参照)。1ヵ月後の血液検査でヘモグロビンA1cが7.4%になり、2ヵ月後には5.4%と、正常域に入ったのです。薬はいっさい飲んでいません。さらに、体重も7kg減量でき、体のだるさもすっかりなくなったそうです。, このとき、「朝フル・まご和食」は糖尿病の治療食になると、私は確信しました。彼はその後もこの食事を続け、14年たった今も、正常値を保っています。, それ以来、私は自信を持ってこの食事を糖尿病の患者さんに勧めています。その際、最初に薬による治療もあることを説明し、患者さんにどちらの治療を受けたいか選んでもらいます。そのうえで、希望者にだけ「朝フル・まご和食」を行ってもらいます。, これまで当院で「朝フル・まご和食」を行った2型糖尿病の患者さんは全員、ヘモグロビンA1cが改善しました。, 上のグラフはその結果をまとめたものです。集計した患者さんは、40人中、男性24人(平均年齢51歳)、女性16人(同60.2歳)です。, 「朝フル・まご和食」を始めて約5ヵ月後には、ヘモグロビンA1cの平均値が8.9%から6.4%まで降下。空腹時血糖値の平均値も219.4mg/dlから114.0mg/dlまで下がりました。, 糖尿病と診断されるのはヘモグロビンA1cが6.5%以上ですから、治療の目標値は6.4%以下に設定しました。それを達成した人は27人で、全体の67.5%でした。, ただし、初診時のヘモグロビンA1cが6.5~8%未満だった群(16人)は、全員が達成し、重症の10%以上だった群(11人)でも5人と半数近くが達成しています。6.4%までは下がらなかった人たちも、全員数値の改善が見られました。, ③ヘモグロビンA1c6.4%以下の達成率 糖尿病食の7つのポイント. 弊社の商品開発チームの医師監修 Q. では糖尿病の患者さんは、果物とどうやって付き合っていけばよいのでしょうか。 糖尿病だから果物はだめ、フルーツはだめだと思っていませんか。そんなことはありません。果物には「食べ方」があります。上手に果物を食べて、そして上手に血糖値をコントロールしましょう。 rss; facebook; menu. This article is a sponsored article by ''. 果物に含まれる甘み成分のほとんどは果糖です。果糖は腸管での吸収が遅い糖のひとつなので、糖尿病リスクを心配する必要はありません。ただし、食べ過ぎには注意です。, アメリカ、カナダ、ブラジルの3カ国で認定された国際免許を取得している自然療法専門医。. ってやみくもに果物を取りすぎると、糖尿病の悪化に繋がるのです。 文追加そして、糖尿病の悪化に繋がるのは、果物に, 「ブドウを毎日500g以上食べる人」はリスクが19%低下、毎日500gのリンゴ、洋ナシでは糖尿病のリスクが17%低下する. Copyright ©  糖尿病専門医ホクシン先生のゆるーり日記 All rights reserved.

糖尿病の患者さんは、果物を食べてはいけないと思っている人が多いようです。果糖の影響で、中性脂肪値や血糖値が上がると医師が注意するからです。しかし、それは大きな誤解。果物の果糖は、満腹時に食べれば確かに中性脂肪に変わりますが、空腹時にとるとエネルギーの代謝に使われ …

ヨドンチェンジャー ヨドンナ, マララ すごい, ラパンモード 未使用車, 北信越リーグ U15 入れ替え 戦, アナザーフォーゼ 変身者, おじさまと猫 奏, 内田理央 Youtube, 坂本勇人 パワプロ, パトリック スタジアム 新作, せいかけん ラーメン, ラーメン発祥 中国, 吉井コーチ 佐々木, アメリカ合衆国 英語 Tから始まる, 花巻東高校サッカー メンバー, 渡辺明 妻 馴れ初め, 名人戦形勢判断第 4 局, 中村奨吾 なんj, ロッテファミリーコンサート 2019 ツアー, 今夜ロマンス劇場で 伏線, 高良健吾 近況, アメリカ 副大統領 ハリス, 後藤健二 湯川遥菜 関係, Miu404 3話 キャスト, プリンスリーグ関東 2019 降格, 神戸市サッカー 社会人, 恋と吟 歌詞 付き, 坂口健太郎 部屋, ロッテアライリゾート アメニティ, 成績 対象 投手, キラメイジャー 指人形, あさが来た 見る方法, 空飛ぶ広報室 空井 子役, 東京都 高校サッカー 速報, 榎田優紀 何 歳, ヒルノダムール 天皇賞春, 秋華賞 2020 予想, 福井 サッカー 高校, ガトーショコラ 英語,