2020年11月01日(Sun)8時00分配信. 冨安健洋ってどんな選手?~プレースタイルの特徴(武器)~ 冷静かつ対人守備が強い。 縦パス・ボールを前に運ぶ意識の強さ。 相手選手と競りながらのクリアに安定感がある。 冨安健洋ってどんな選手?~サッカーファンからの評価/反応~ オシムヘン弾でナポリが冨安フル出場のボローニャに勝利、ボローニャは40試合連続失点…《セリエA》, まるでファンダイク。冨安健洋が左CBで見せる非凡な才能。セリエAでトップの数字を叩き出すのは…, 「トミヤスは非常に重要だ!」飛躍を続ける冨安健洋にボローニャ元主将が太鼓判!「彼が売られなくてよかった」. photo Getty Images 冨安健洋が誕生日を迎えた5日、コリエレ・デッロ・スポルトのボローニャ版は中間ページで特集記事を組んだ。 「おめでとう、サムライ」という見出しとともに、サムライ姿のコラージュ画像がページ一面に。 new! ボローニャに所属する日本代表DF冨安健洋のナポリ戦でのパフォーマンスについて、イタリアメディアなどが8日に評価を下した。, ボローニャは現地時間7日、セリエA第7節でジェンナーロ・ガットゥーゾ率いる強豪ナポリとホームのスタディオ・ダッラーラで対戦。23分にFWヴィクター・オシムヘンに先制点を奪われてリードを許して前半を折り返し、試合終盤にはDFステファノ・デンスヴィルに代えて20歳のFWエマヌエル・ヴィニャートを投入して攻勢を仕掛けたが、このまま0-1で敗れた。, 冨安は開幕戦から7試合連続でセンターバックとして先発。DFダニーロとのコンビで90分間プレーし、まずまずの評価を得た。サッカー情報サイト『トゥット・メルカート』は、合格ラインの「6」と採点。寸評で「彼はポジショニングではなく、先読みを武器とするDFだ。(ドリース)メルテンスに対して何度も上手く対処していた。もはや彼はCBの選手と言える」と綴り、昨シーズンに賛辞を受けたサイドバックではなく、ボローニャでの新たなポジションにおけるパフォーマンスを称えた。, なお、チーム内最高評価はダニーロとヴィニャートの「6.5」。最低評価はFWロドリゴ・パラシオ、FWリッカルド・オルソリーニ、デンスヴィルの「4.5」だった。, イタリア紙『メッサッジェーロ』も冨安のパフォーマンスを「6」と採点。「出だしは注意深く、前線にも顔を出そうとしていた。失点のシーンにおいてオシムヘンを見失ったが、後半は持ちこたえた」と評価した。また『スカイスポーツ』や『メディアセット』も「6」と及第点の評価を与えている。, 一方、『ユーロスポーツ』イタリア版では合格ラインにやや満たない「5.5」となった。しかし「救えるものは救おうとしていた。カバーリングにオーバーラップ、さらに相手を追跡した」と一定の評価が与えられている。, Copyright © 2020 Goal.com All rights reserved. Copyright (c) 2020 kanzen Ltd. All Right Reserved. いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】

元PRIDE コールマン氏が心臓発作

Tags: イタリア, カリアリ, コラム, サッカー日本代表, セリエA, ニュース, ボローニャ, 冨安健洋, 欧州サッカー, 海外サッカー, セリエA第6節のボローニャ対カリアリが現地時間10月31日に行われた。試合は3-2でホームのボローニャが勝利した。イタリアメディアがボローニャのDF冨安健洋のパフォーマンスに触れている。

冨安健洋、現地イタリアの真の評価は? ナポリ戦は高評価だが、改善の余地があるとすれば…. photo Getty Images Goal.com上の情報は本サイトの許可なしに発信、発行、放送、転用はできません, 【欧州・海外サッカーニュース】ボローニャ(セリエA)の日本代表DF冨安健洋のパフォーマンスについて、イタリアメディアなどが見解を示した。, 2021年最新UEFAクラブランキングTOP50|過去5年の成績に基づく欧州ナンバーワンクラブは?. 少年時代から冨安健洋に目を付けた指導者がいたようで、三筑キッカーズに入団する。 小学6年からナショナルトレセンにも選ばれており、バルセロナスクール福岡校に通っていた冨安健洋を、バルセロナに推薦しようとしたほど。 中学に進学し、福岡の下部組織に入団し、中学3年で、トップチームの練習に参加。高校2年の時には、2種登録をされ、公式戦にデビュー。 高校3年の時には、トップチームに昇格し、リーグ戦35試合に出場。2部とはいえ、チームの主力として活躍をしていた。 日本国内でも …  ボローニャは開始15分、自陣右からクロスを入れられると、冨安の前でジョアン・ペドロに合わされて失点。しかし、ムサ・バロウのゴールで追いついて折り返すことに成功した。, 後半開始直後に再びリードを許したボローニャだが、ソリアーノとバロウのゴールで逆転に成功。リーグ戦の連敗を「3」で止めている。, イタリア『スカイ』と『スポルト・メディアセット』は、どちらも冨安に「6.5」と高めの評価。『トゥットスポルト』は「6」を付けた。同メディアは「前半はそこそこだったが、次第に集中力を高めた」ことを評価。「ラストプレーでチェッリを止めたのは決定的だった」と記し、終了間際の好守を称えている。, リーグ戦の連敗を止めたボローニャは、まだ今季のセリエAで無失点ゲームがない。そろそろクリーンシートという結果もほしいところだ。, 『フットボールチャンネル』は、サッカー専門のネットメディアです。弊サイトに記載されている、コラム、ニュース、写真、その他情報は、株式会社カンゼンが報道目的で取材、編集しているものです。ニュースサイトやブログなどのWEBメディア、雑誌、書籍、フリーペーパーなどへ、弊社著作権コンテンツ(記事・画像)の無断での一部引用・全文引用・流用・複写・転載について固く禁じます。無断掲載にあたっては、個人・法人問わず弊社規定の掲載費用をお支払い頂くことに同意したものとします。. 【今シーズンの冨安健洋はDAZNで! セリエA第7節、ボローニャ対ナポリが現地時間8日に行われ、0-1でナポリが勝利を収めた。ボローニャはここまで7試合で13失点を喫し、無失点に抑えた試合はまだない。今季からセンターバックを務める冨安健洋の評価は分かれているが、内容そのものは決して悲観すべきものではないという。(文:神尾光臣【イタリア】)————————————–, 冨安健洋が誕生日を迎えた5日、コリエレ・デッロ・スポルトのボローニャ版は中間ページで特集記事を組んだ。, 「おめでとう、サムライ」という見出しとともに、サムライ姿のコラージュ画像がページ一面に。その中で注目だったのは、複数拾われていた地元ファンの声だ。今季から本来のセンターバックとしてプレーしているが、その評価は半々だったのである。, プレーを見ている人からは「サイドバックの頃より、今の方がポジショニングに無理がないよ」「やっぱり全てのポジションでレベルが高いことを証明しているよね」と好意的な評価があった一方で、サイドバックとしての活躍を認めつつセンターバックとしてのプレーには懐疑的な目も寄せられていた。, 「中央のポジションでやるにはフィジカルとメンタルが不足しているんじゃないかと思う」「ボローニャがチームとして失点を続けていることも偶然ではなんじゃないか」との厳しい意見も寄せられている。, 「若いので必ず成長するはずだ」と、今後の伸び代の大きさに期待するという意見は誰しも言い添えられていた。だが問題は今。チームは今シーズンに入ってリーグ戦で無失点試合がなく、冨安が失点に絡んでしまったケースも度々あった。プロとしては避け得ないことなのだが、個人のパフォーマンスはチームの結果に引きずられてしまう面がある。失点をせず、勝ち点3に関わらないと厳しい見方をされてしまうのだ。, そんなムードの中で迎えた強豪ナポリの一戦は、0-1で敗戦という結果に終わった。またも失点を避けられなかったということになるが、相手は攻撃力の高いタレントを前線に揃えた格上である。ミランに2失点、サッスオーロに4失点を喫した冨安のいるDFラインは、良好なパフォーマンスの末に失点を低く抑えた。そのことはポジティブに評価されるべきだろう。, この日のボローニャは、最終ラインのセッティングを少し変えていた。左サイドバックに定着していた新戦力のアーロン・ヒッキーが故障したため、ステファノ・デンスビルが起用される。ただそれに伴い、シニシャ・ミハイロビッチ監督はDFライン全体についても動き方を変えた。今まではポゼッション時に、右サイドバックのロレンツォ・デ・シルベストリが残る3バックの形になっていたが、今度は逆に左のデンスビルが残る。それに伴い冨安はダニーロと左右を入れ替え、3バックに可変した時には右寄りの位置で組み立てを図った。, 一方ボールをナポリが保持している時、CBの役目はドリース・メルテンスとヴィクター・オシムヘンを見ること。スピードのあるCFオシムヘンの加入でメルテンスは1列下でボールに触るようになったが、冨安はまずそこを潰す。引いて構えず、時には相手陣内まで上がって猛烈なプレスを掛けに行く。展開によってダニーロと役割を入れ替えた時には、裏を狙うオシムヘンの動きを読んでカバーリングに入った。, 冨安はこの守備を堅実に行っていたが、23分にボローニャは失点してしまう。左サイドでデンスビルがイルビング・ロサノにあっさりかわされ、クロスを上げられる。冨安はニアに走りこんだメルテンスを抑えに走ったのだが、その背後ではなぜかダニーロも一緒についてきてしまったのだ。その結果、エリア内ではあろうことかオシムヘンがフリーに。ナイジェリア代表の新鋭は、誰にも邪魔されることなくヘディングシュートを決めた。, 試合後ミハイロビッチ監督は「あれはダニーロのミスだった」と語っている。ニアを切ってメルテンスへのパスコースを遮断しようとした冨安に、失態があったというわけではなかったようだ。ただCBコンビとして、またライン全体として、受け渡しなどの意思疎通を深化していく余地はあるのかもしれない。, しかしその後、このDFラインがゴール前で破綻をきたすようなことはなかった。そして冨安自身も、ミスらしいミスはほとんどせずに良い守備を展開した。オシムヘンが裏を狙ってくればそのコースを先回りし、メルテンスには距離を詰めてスペースを潰し、ゴール前にも侵入させない。こうして、シュートやラストパスを事前に抑制していた。, そしてゴール前に引いた時にも注意深く、ボールを跳ね返す。とりわけ秀逸だったが66分のプレーだ。ボローニャの右サイドが崩され、ロレンツォ・インシーニェが中央へと入ってくる。スペースを見つけてミドルシュートを放とうとした瞬間、冨安は猛ダッシュしてスライディングでコースをふさぎ、シュートブロックに成功した。, さらに冨安は終盤、攻撃においても重要な役割を果たす。ミハイロビッチ監督は戦術の修正を図り、攻撃的な選手を両サイドに置いた3-4-3で巻き返しを図ろうとする中で、冨安は3バックの左にセットされる。すると左サイドのエマヌエル・ビニャートの後ろのスペースをカバーしつつ、後方から正確な縦パスを供給してその彼を走らせた。その他のFWが動いてDFを剥がせば大胆にミドルパスを狙い、スペースが詰まっていれば的確にサイドチェンジ。ペースを掴んだボローニャは、終盤に得点機を何度も創出した。, 最終的にはナポリに逃げ切られたが、ボローニャはドロー決着でもおかしくはない内容の試合運びをした。「良いパフォーマンスは出来た。試合を通してみればいつもより攻撃のチャンスは少なかったが、その代わり相手の攻撃機会も少なかった」とミハイロビッチ監督は守備陣も含めて好意的に評価していた。「肝心なのは今やっていることを自信を持って続けていくことだ」というコメントを残したが、その中でセンターバックとして奮闘する冨安も、今後への信頼を置かれているということなのだろう。, 新ポジションで定位置を得てからは”まだ”7試合だ。その中では粗も所々目立ち「昨シーズンほどのインパクトは残せていない」という声もメディアからは聞こえたが、プレー内容そのものは試合を追う毎に良くなってきている。代表ウイーク後のサンプドリア戦以降はチームの勝ち点3奪取にも多く結びつけ、評価を確立させたいところだ。, ボローニャ美女7人に冨安健洋もメロメロ!? 文化と観光の中心地・ボローニャは美女だらけ?, ボローニャ現地ファンに聞きました!冨安健洋への期待「いや、すごく上手いんだよ」「まさに必要だった」, ボローニャ美女60人に聞いた!イケメン日本代表総選挙<1位〜5位>冨安健洋のランクインはあるか?. もはや彼はCBの選手と言える」と綴り、昨シーズンに賛辞を受けたサイドバックではなく、ボローニャでの新たなポジションにおけるパフォーマンスを称えた。 なお、チーム内最高評価はダニーロとヴィニャートの「6.5」。

なお、チーム内最高評価はダニーロとヴィニャートの「6.5」。 最低評価はFWロドリゴ・パラシオ、FWリッカルド・オルソリーニ、デンスヴィルの「4.5」だった。 イタリア紙『メッサッジェーロ』も冨安のパフォーマンスを「6」と採点。 一部のイタリア・メディアも、cb冨安健洋に一定の評価を下した。 衛星放送『Sky Sport』は及第点を上回る6.5点と採点。 冨安健洋、ボローニャの連敗ストップに貢献で現地評価はまずまず. 掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。



京都 選手権 サッカー 2020, 横浜ベイスターズ 日程, ソルシエール プリキュア, 森永 お菓子 ランキング, ベトナム戦争 映画 音楽, 谷川浩司 降級, サッカー4級審判員取得講習会2020 大阪, 野球ファン 掲示板, イスラエル 歴史, 佐藤紳哉 ニコニコ, 千葉県中学サッカー新人戦 2020, アルゼンチン 共和国 杯 歴代, 四 種リーグ開幕 埼玉県, 水瀬 いのり トウメイ, 森永製菓 有価証券報告書, 阪神タイガース 先発, 韓国タクシー 予約, ラーメンデータベース 茨城, 日ハム 投手 歴代, 水瀬いのり 年収, 恋つづ 夜会 動画,