return result; ワースト 5位 スウェーデン(4件) ⇒ 14位, 結果は上記の通り、テロ発生件数とランキングが同じ順序となりました。ただ、15件とテロ件数が圧倒的に多いフランスとイギリスのランクがそんなに変わらないようです。GPIが多様な指標から計算されているためなのだと思います。ヨーロッパのテロの発生状況の詳細については以下の記事を参考にしてください。, 危険を避けるためには、何より危険を回避する個々人の行動が重要になります。安全な国でも危険な行動をとればリスクが大きくなります。安全な行動をとって、GPIの低い平和な国を旅行するのが、安全に旅行する一番の方法かもしれません。リスクを減らすテロへの対処については下記の記事で紹介していますので参考にしてください。, インスティーチュート・フォー・エコノミスク&ピースが発行しているGlobal Peace Index 2018の詳細は下記リンク(PDF)から報告書を閲覧できます。, -旅行ノウハウ .original table th { .original table { $(this).remove(); *)\<\/title\>\s?/)[1]; }, 300); //0.3秒かけて現れる

if(found != null){ apstagSlots[3] = {

readmore_state 気温は首都のヘルシンキで刃夏場は30度くらい、冬場は-10度くらいになります。, 国土の1/3は北極圏にあるフィンランドですが、温暖なメキシコ湾流のおかげで、そこまで厳しい気温ではありません。 }); white-space: normal; ); for (i = 0; i < readmoreArticleIds.length; i++) { nextPage(); var targetList = $('p#' + readmoreArticleIds[i] + '.js-nav-readmore-btn');

googletag.enableServices(); googletag.pubads().collapseEmptyDivs();

googletag.pubads().disableInitialLoad(); slotID: 'div-gpt-ad-1570154590195-0', slotName: '/27980561/s_fuelle_320x250_categorypageunder_25931', google: false どうせなら、旅先の治安がよくて、お財布にも優しい国に行きたいですよね。治安と物価のランキングデータから、安全度と日本を100にした時の物価指数を考慮してランキングしてみました!ズバリ、日本より安全で物価が安い6か国はここだ! ; 例えば、私が大好きな「おみくじに関すること」「食べること、食べ方」などをメインに掘り下げた情報を発信しています。 その他の地域は危険度レベルには指定されていませんので、上記の国境地域以外を観光しましょう。, 北マケドニアはヨーロッパの中でも、物価が安い国としても知られています。 initReadmore();

if (document.URL.match('/search_list/')) { var pbjs = pbjs || {}; const targetQueryParam = queryParams[targetQueryString]; border-color: inherit; }

} またはロシアだけではありませんが、ぼったくりにも注意しましょう。, タクシーで高額な支払いを要求してきたり、買い物した時に釣銭を少なく渡されたりする場合があります。

launchAdServer(); white-space: nowrap; for (i = 0; i < targetQueryParam.length; i++) {

display: table-row; 対策としては、タクシーは配車アプリを使えば、決済もアプリ経由で行えるので安全です。, 買い物時には自衛のため、釣銭は必ず数えましょう。 ホテルの宿泊代や食事の値段、タクシーや美術館・博物館の入場料などを参考に、治安が良くて物価が安い国は「ルーマニア」です。, ドラキュラ伝説をイメージするかもしれませんが、中世の雰囲気が残っている国でもあります。 body.animate({'left' : 0 }, 500); } else if (!document.URL.match('tag_id')) { apstagSlots[1] = { margin-bottom: 2.4rem;