「未体験ゾーンの映画たち2020見破録」の第51回で紹介するのは、 歴史に名高い大海戦を描いた戦争映画『ミッドウェイ 運命の海』 。 特殊効果やドキュメンタリー番組の演出で活躍し、『FLYING FORTRESS フライング・フォートレス』(2011)を監督したマイク・フィリップスの作品です。 「未体験ゾーンの映画たち2020見破録」の第51回で紹介するのは、歴史に名高い大海戦を描いた戦争映画『ミッドウェイ 運命の海』。, 特殊効果やドキュメンタリー番組の演出で活躍し、『FLYING FORTRESS フライング・フォートレス』(2011)を監督したマイク・フィリップスの作品です。, 第2次世界大戦に詳しくない人も知る、教科書にも名が記載されたミッドウェイ海戦。この戦いは今まで何度も映画化されてきました。, その戦いを従来に無い切り口で描いた映画が登場しました。あの激戦の裏で何があったかを、アメリカ側の視点で描いた作品です。, (C)2019 Bayou Pictures LLC. ミッドウェー海戦(ミッドウェーかいせん、英語: Battle of Midway)は、第二次世界大戦(太平洋戦争)中の1942年(昭和17年)6月5日(アメリカ合衆国標準時では6月4日)から7日(6月3日から5日とする場合もある)にかけて、ミッドウェー島付近で行われた海戦。

ミッドウェー、ミッドウェイ(英: Midway ) 現版の各項目は、アーカンソー州のミッドウェイとミッドウェイゲームズ以外は全て、ミッドウェー島の戦いに関係する内容である。 地理. All Rights Reserved, 【キャスト】 吉田俊雄『栄光と悲劇 連合艦隊 東郷平八郎と山本五十六』秋田書店 358頁(源田、淵田)、, 豊田穣『豊田穣戦記文学集2 ミッドウェー海戦』講談社 後藤315、牧316、天谷317、雀部331頁, "Navy.togetherweserved: Osmus, Wesley, ENS", "Navy.togetherweserved: O'Flaherty, Frank Woodrow, ENS", "Navy.togetherweserved: Gaido, Bruno Peter, PO1", Editorial: The Battle of Midway -- A secrets storm, Breaking the code on a Chicago mystery from World War II, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=ミッドウェー海戦&oldid=80170193, SBD爆撃機35機(VB-8、指揮官:ロバート・ジョンソン少佐、VS-8、指揮官:ウォルター・ローディ少佐), 九七艦攻への陸用爆弾から魚雷への転換は、もともと陸用爆弾に換装した機が少なく、短時間で終わる。水平爆撃の命中率は悪く、急降下爆撃でも敵空母に致命傷を与えることは困難である, 上空待機中の日本軍ミッドウェー基地空襲隊(約100機)の燃料が尽き掛けており、これ以上待たせる事は出来ない, 敵艦隊攻撃隊を護衛する零戦が、南雲部隊を守るためにほとんど発進しており、一度着艦して補給する必要がある, 戦闘機の護衛のない攻撃隊は、艦隊護衛戦闘機の餌食になることを珊瑚海海戦やアメリカ軍ミッドウェー基地航空隊が実証している。南雲にとって、大損害を受けることがわかっていながら「はだか」の航空隊を出すことは出来ない, (米機動部隊)5月31日午前真珠港発、6月1日「ミッドウェー」附着、その後南北に移動哨戒をなし今日に及べり, 5月31日真珠港在泊主力艦なし(本人は5月31日まで基地訓練に従事、ハワイ方面主力艦の状況明らかならず), 攻略部隊は一部の兵力を以て、今夜ミッドウェーの陸上軍事施設、航空基地を砲撃破壊せよ。, 機動部隊、攻略部隊(7戦隊欠)および先攻部隊(潜水艦隊)は速やかに敵を捕捉撃滅すべし, 主隊は攻略部隊(第二艦隊)、第一機動部隊(欠、飛竜及び同警戒艦)を集結し、予定地点に至り補給を受くべし, 輸送船18隻(清澄丸、ぶらじる丸、あるぜんちな丸、北陸丸、吾妻丸、霧島丸、第2東亜丸、鹿野丸、明陽丸、山福丸、南海丸、善洋丸 ), 第2群(Task Group 17.2 Cruiser Group) 司令官:ウィリアム・W・スミス少将, 第4群(Task Group 17.4 Destroyer Screen) 司令官:ギルバート・C・フーバー大佐, 駆逐艦 ハムマン - アンダーソン - グウィン - ヒューズ - モリス - ラッセル, 第5群(Task Group 17.5 Carrier Group) 司令官:エリオット・バックマスター大佐(兼「ヨークタウン」艦長), 第3戦闘機隊(VF-3/F4F-4/27機)、第3爆撃機隊(VB-3/SBD-3/18機)、第5索敵爆撃機隊(VS-5/SBD-3/19機)、第3雷撃機隊(VT-3/TBD-1/15機), 重巡 ミネアポリス - ニューオーリンズ - ノーザンプトン - ペンサコラ - ヴィンセンス, 第4群(Task Group 16.4 Destroyer Screen) 司令官:アレキサンダー・R・アーリー大佐, 駆逐艦 フェルプス - ウォーデン - モナハン - エイルウィン - バルチ - カニンガム - ベンハム - エレット - モーリー, 第5群(Task Group 16.5 Carrier Group) 司令官:ジョージ・D・マーレ大佐(兼「エンタープライズ」艦長), 第6戦闘機隊(VF-6/F4F-4/27機)、第6爆撃機隊(VB-6/SBD-2、3/18機)、第6索敵爆撃機隊(VS-6/SBD-2、3/18機)、第6雷撃機隊(VS-6/TBD-1/14機), 第8戦闘機隊(VF-8/F4F-4/27機)、第8爆撃機隊(VB-8/SBD-3/18機)、第8索敵爆撃機隊(VS-8/SBD-3/16機)、第8雷撃機隊(VT-8/TBD-1/15機), F2A-3バッファロー艦上戦闘機×20機、F4F-3ワイルドキャット艦上戦闘機×7機 SB2U-3ヴィンディケーター艦上爆撃機×11機 SBD-2ドーントレス艦上爆撃機×16機, B-26Aマローダー爆撃機×4機、B-17Eフライングフォートレス戦略爆撃機×17機, 航空機:喪失艦載機289機(内、21機はミッドウェー配備予定の第六航空隊。水偵4機), 航空機:基地航空隊を含め、約150機を喪失。この数字には修理不能の損傷を受けた機も含まれる, 空母ヨークタウン86名(航空搭乗員含む)、空母ホーネット53名、空母エンタープライズ44名、駆逐艦ハムマン84名、駆逐艦ベンハム1名、ミッドウェー基地46名。合計362名(航空搭乗員208名、基地・艦乗組員154名) 。高級士官の戦死は無かった。, スーパーシミュレーション ミッドウェー大空海戦 (鈴木巌:新星出版社:1985年), Ref.A06031045900「週報 第297号」(昭和17年6月17日)「敵の『空母集団』殲滅」, Ref.A06031046100「週報 第299号」(昭和17年7月1日)「米本土に深刻な脅威」, Ref.C08030023800「昭和17年5月27日〜昭和17年6月9日 機動部隊 第1航空艦隊戦闘詳報(1)」, Ref.C08030023900「昭和17年5月27日〜昭和17年6月9日 機動部隊 第1航空艦隊戦闘詳報(2)」, Ref.C08030024000「昭和17年5月27日〜昭和17年6月9日 機動部隊 第1航空艦隊戦闘詳報(3)」, Ref.C08030024100「昭和17年5月27日〜昭和17年6月9日 機動部隊 第1航空艦隊戦闘詳報(4)」, Ref.C08030040400「昭和17年6月1日〜昭和17年6月30日 ミッドウェー海戦 戦時日誌戦闘詳報(1)」, Ref.C08030040500「昭和17年6月1日〜昭和17年6月30日 ミッドウェー海戦 戦時日誌戦闘詳報(2)」, Ref.C08030040600「昭和17年6月1日〜昭和17年6月30日 ミッドウェー海戦 戦時日誌戦闘詳報(3)」, Ref.C08051579700「昭和16年12月〜昭和17年6月 赤城飛行機隊戦闘行動調書(2)」, Ref.C08051585400「昭和16年12月〜昭和17年6月 加賀飛行機隊戦闘行動調書」, Ref.C08051579300「昭和16年12月〜昭和17年4月 飛龍飛行機隊戦闘行動調書(3)」(MI作戦出撃分含), Ref.C08051578800「昭和16年12月〜昭和17年4月 蒼龍飛行機隊戦闘行動調書(3)」(MI作戦出撃分含), Ref.C08030761000「昭和17年4月1日〜昭和17年6月21日 輸送船鹿野丸の最後 其の1(ミッドウェー作戦)(1)」, Ref.C08030761100「昭和17年4月1日〜昭和17年6月21日 輸送船鹿野丸の最後 其の1(ミッドウェー作戦)(2)」, Ref.C08030680800「昭和17年5月1日〜昭和19年9月30日 特設船あるぜんちな丸戦時日誌戦闘詳報 巌嶋丸。敵潜に依る被襲撃報告(1)」, Ref.C08030020900「昭和17年5月15日〜昭和17年12月31日 第6艦隊戦時日誌戦闘詳報(1)」, Ref.C08030081200「昭和17年5月29日〜昭和17年7月31日 第1水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(1)」, Ref.C08030112500「昭和17年4月1日〜昭和17年6月30日 第4水雷戦隊戦時日誌(3)」, 防衛庁防衛研修所戦史室『戦史叢書 大本営海軍部・聯合艦隊(2)』朝雲新聞社、1975年2月, 第6戦闘機隊(F4F 27機)、第6爆撃機隊(SBD 19機)、第6索敵爆撃機隊(SBD 19機)、第6雷撃機隊(TBD 14機), 第8戦闘機隊(F4F 27機)、第8爆撃機隊(SBD 19機)、第8索敵爆撃機隊(SBD 19機)、第8雷撃機隊(TBD 15機).



ネット競馬 予想家 収入, 三選禁止 連続, ラパン ピンク, 西武 歴代 スタメン, キラメイジャー シルバー イラスト, 佐藤寿也 ロッテ なんj, スピーチライター 依頼, パレスチナ問題 解決, 戦隊ヒーローシリーズ07 キラメイシルバー, 即パット 銀行 おすすめ, ミッドナイトバス 評価, 水匠 将棋, ロッテ 年収, ギガントドリラー ネタバレ, 鹿島アントラーズ 選手 スタメン, 三浦弘行 なんj, 現金プレゼント Twitter, ロッテ 歴代ベストナイン, ウイニングポスト 9 引き継ぎ, 小芝風花 ファンクラブ, ガチャガチャの森 東京, 米中戦争 原油価格, ブエノスアイレス スペイン語, 第99回全国高校サッカー選手権大会 日程, 水瀬いのり 国籍, 埼玉 サッカーチーム, 坂口健太郎 髪質, 内田篤人 上村絵里子, スーツ ドラマ 1話 無料動画, 高校サッカーリーグ 北海道, 坂本勇人 登場曲 キセキ, 日本一 回数 なんj, 藤井聡太 タイトル戦, 内田篤人 子供の名前, 永野芽郁 坂口健太郎 5年前, 吉岡里帆 書道, 菊花賞 2016 結果,