シート、機内食、ラウンジ、ホスピタリティなど、ビジネスクラスへのこだわりは各社さまざま。旅のプロが厳選したおすすめ13キャリアをご紹介!, 進化し続けるビジネスクラス。そのクオリティは、やはりシートや機内食といった機内サービスに象徴されます。長距離フライトでも疲れを感じさせない快適な乗り心地の最新シートに、著名なシェフとコラボレーションしたグルメも唸る美味しい機内食……。一度は体験してみたい航空会社ご自慢の機内サービスをご紹介しましょう。, 東南アジアやハワイ線など中距離路線に導入されているボーイング767専用のビジネスクラス座席「JAL SKY SUITE Ⅱ」が好評です。中距離路線ながらフルフラットシートというのがなんとも贅沢。1-2-1配列で全席から通路へ出られます。大型のサイドテーブルや便利な収納スペースもあり、快適に過ごせます。 日本の航空会社で最大のネットワークを持つANAは、長年中国路線に力を入れており、成田空港や関西国際空港から多数の中国行きフライトを運行しています。, 北京や上海・香港など大都市の他にも 成都・瀋陽・大連・青島・厦門・広州・杭州・武漢などに便を飛ばしており、中国出張の日本人ビジネスマン乗客が多数搭乗しています。, 今回はそんなANAの中国路線のビジネスクラスをレビュー・解説していこうと思います!!!, 中国路線のビジネスクラスではどういった座席・サービス・食事が提供されているのでしょうか?, ANA最大の機体であるボーイングB777-300ERが投入され、フルフラットの座席も装備される「東京/羽田-北京」の便で、機内設備・サービス等を見ていきましょう!!!, 実際の搭乗レビューの前に、ANAの中国路線・ビジネスクラスの概要を簡単に解説します!短距離路線・ビジネスクラスの座席や食事について基本情報を見ていきましょう!!!, 他に、B787やB767も導入されており、主に「短・中距離国際線用」の飛行機が導入されています。, 一方、これからレビューする、羽田-北京線のANA961便と復路のANA962便では、「欧米長距離路線」で投入されており、フルフラットで横になって寝ることの可能な、B777-300ERという大型機が唯一投入されています。, ビジネスクラスは全ての中国路線に導入されており、「ANA BUSINESS CRADLE」をはじめとして、快適さを追求した新型座席を装備しています。, 便名:NH961出発地:東京/羽田(9:05)目的地:北京/首都(12:15)フライト時間:4時間10分機材:B777-300ER料金:通常片道320,000円ほど(Taxを含む), 今回は、ANAの中国路線で唯一、長距離路線用のB777-300ERが投入されている、羽田発北京行きANA961便を利用して北京まで向かいます。, ANAの羽田空港・国際線カウンターがオープンするのは6時25分頃で、初便は8:50初のソウル/金浦行きの便です。, 朝の6時15分にカウンターに着くとすでに多くの人がおり、ビジネスクラスのカウンターは結構な列になっています。, 「ラウンジで食事も取れるし早く空港に行くか!!」といった様相の、日本人観光客とサラリーマンが大半です。, 朝6時の早朝にもかかわらず、グラウンドスタッフの方は満面の笑みで「いつもありがとうございます!」と挨拶してくださいました。筆者は、ANAのビジネスクラスは初めてですが、カウンターのスタッフからして、エコノミーと比べて「丁寧」な印象で、さすが日系のビジネスクラスだと感心します。, ちなみに今回は、マイルで北京までの便を予約し、往路がビジネスクラス・復路がエコノミークラスで26000マイル+諸税・燃油サーチャージ10000万円ほどでした。, 12月の同じ便のビジネスクラス(片道)を調べると、なんと32万円!!!(往復の安い運賃で買うと片道10万くらいでした), たった、1万円しか払っていない身として、他の乗客や係の方々にめちゃくちゃ恐縮です。笑, チェックインを終えた後は、保安検査場を抜け、ラウンジで寛ぎ、搭乗時間になったのでゲートまで向かいます!, ゲートでは長距離国際線にも使用されるB777-300ERが存在感を放っています。今回の飛行機はJA785Aで製造されてから9年が経つ飛行機です。, 近年ANAが導入したゾーン制の搭乗。通常のビジネスクラスの乗客は「Zone2」で、上級会員の最上位ステータスの方に続いて機内へ向かいます。, 窓から後ろ側を見ても、エンジンがほとんど見えないほど、コックピットに近い座席です。, ちなみに、この機材にはファーストクラスの座席も搭載しており、羽田ー北京線ではファーストクラスの設定がないためビジネスクラスとして売られています。ただ、上級会員にしか解放されないみたいで、この便も8席全て埋まっていました。, 座席につくと、近くにいたCAの方が挨拶に来ていただいて、続いてチーフパーサーの方が挨拶に来てくださいました。, 「ウェルカムドリンクはあるのかな?」と疑問に思ってましたが、中国路線ではない様子で、離陸前は挨拶だけとなっているみたいです。, 「マイルで乗っているのに申し訳ないな…笑」とか思いながら、丁寧な接客を受けている間にドアクローズ。定刻で出発しました。, 若手の副操縦士だったのか、なかなかグダグダなアナウンス。英語に至ってはかなり崩れており少し不安です。 CAさんみたいに、もう少しアナウンスの練習とか訓練をしてもいいかもしれませんね。笑, 中国路線では、基本的に1食分の料理が提供されますが、どんなメニューが出るのでしょうか?, 4時間のフライトでしたが、気づけば天津上空まで来ており、定刻に北京首都空港に着陸しました。, 今回、ANAのビジネスクラスに初めて乗りましたが、サービスの質も食事の内容も一流ではないでしょうか?, CAはいつも感じよく接客してくださり、飲み物を飲み干すと直ぐに「おかわりはどうなさいますか?」と声をかけてくれました。何年も連続で5つ星エアラインに選ばれる理由がよくわかりました。, 一方、中国路線のビジネスクラスという点に関しては、今回のフライトはB777-300ERという長距離用の機材が投入されていただけあって、スペースも豊富で非常に快適な時間を過ごせたと感じます。, ただ、短距離路線なので、A320やB787(短距離路線用)などのフルフラットにならないシートでも十分だと思います。, プラス食事も海外ではなかなか食べることのできない「高貴な日本食」が出てきて、ビジネス目的で中国に行く機会があったら、是非また利用したいと感じたフライトでした!, このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。, 31.8k件のビュー | カテゴリ: ユナイテッド航空, 搭乗レビュー, 搭乗記・エコノミークラス, 航空会社, 31.7k件のビュー | カテゴリ: ANA, 搭乗レビュー, 搭乗記・エコノミークラス, 航空会社, 16.8k件のビュー | カテゴリ: アメリカ, 世界のコンビニまとめ, 格付けまとめ集, 海外カルチャーショック, 15.3k件のビュー | カテゴリ: 格付けまとめ集, 機内食まとめ, 航空会社, 航空会社まとめ, 14.6k件のビュー | カテゴリ: アメリカ, 安旅情報, 格付けまとめ集, 航空会社まとめ, 10.3k件のビュー | カテゴリ: ANA, 搭乗レビュー, 搭乗記・エコノミークラス, 航空会社. All rights reserved. NEWSポストセブンに、「ビジネスクラス乗客はファーストクラスより感じが悪い説」という記事があったので目に止まった。http://www.news-postseven.com/archives/20130324_178353.html, 外資系の航空会社、国内の航空会社の関係者に調査すると、「ビジネスクラスの乗客はファーストクラスの乗客よりも感じが悪い」と、彼らの声はほぼ一致したという。, ファーストクラスにもそのような乗客はいるが、“感じの悪い乗客”はビジネスクラスの方が遥かに多いという。, ビジネスクラスのクレームには、理不尽な要求を突きつけて、客室乗務員を困らせるという種類のものが多いのが特徴。彼らは、乗客は売り手よりも上位にいるという意識をもっていて、お金を払えばどんな要求でもまかり通ると思っている。, 理由として、ビジネスクラスに乗るビジネスマンには、中間管理職の上位クラスの人も多いですが、彼らは企業内での自分の地位をそのまま機内に持ち込む傾向があります。, 彼らは社内で部下への人事評価や命令、社外との厳しい交渉などを日々、行い、相手と対立する状況に慣れてしまっている。そのためちょっと気に入らないことがあると、対立モードに頭が切り替わり、客室乗務員からサービスを受けても“高い料金の席なんだからこれぐらいのサービスは当然”と考えてしまうのです。, ビジネスクラスのビジネスマンには、会社の経費で乗っている人も多いですが、自分でお金を払っていないから、現場で一生懸命働いている客室乗務員の気持ちがわからないというのも理由のひとつでしょう。, ある客室乗務員は、自腹でビジネスクラスのチケットを買っている人の中には、感じの悪い人はいないと言っていました。, 自腹でビジネスクラスのチケットを買うような人は、社会的に成功していますから、経済的にも、精神的にも余裕があります。, これはファーストクラスの乗客がビジネスクラスの乗客に比べて、感じが悪い人が少ないということにもつながります。, もちろん、ファーストクラスはビジネスクラスに比べて客室乗務員一人当たりの乗客数が少ないためサービスが手厚く、乗客の性格やコミュニケーション能力に関係なく、客室乗務員が感じよく接することができる環境にある、ということもありますが。, エコノミークラスは、ファーストクラスやビジネスクラスに比べて狭いスペースに、多くの乗客が押し込められています。, また、ツアー客も多いです。たいていのツアーは何の問題も起きないですが、クレームの常習者がツアーに加わっているときは、ひとりのクレーマー的な言動がツアー全体に伝染し、ツアーグループからのクレームが増える傾向にあるようです。, このようにクレームが伝染する現象はエコノミークラス特有の現象だそうです。--------------------------------------------------------------------------------ファーストクラスを利用しているのは、会社の社長さんや役員クラスの人が多いだろうが、自腹でも利用する人も本当の金持ちが多いのだろう。, 方や、ビジネスクラスを利用している人は、エコノミーからアップグレードした人や会社の費用で搭乗している人が多いから、 大して金持ちじゃないのに、自分は高い航空運賃を払っているのだぞ!と、ここぞとばかりに馬鹿げた要求をするのであろうか?, ファーストクラスになると 金持ち喧嘩せずの世界に入るので、上質で紳士なお客様が多いからトラブルはないのだと思う。, ビジネスやファーストに乗り慣れているお方、エコノミー専用のお方、元CAの方、現役のCAの方、元・現役のパイロットのお方、空港関係者のお方、幅広く、ご意見・ご感想、体験談をお聞かせいただければと思います。, ビジネスクラス乗客はファーストクラスより感じが悪いのか? | milkyhtのFrankly blog. シート、機内食、ラウンジ、ホスピタリティなど、ビジネスクラスへのこだわりは各社さまざま。旅のプロが厳選したおすすめ13キャリアをご紹介。海外旅行のプロが揃う、名鉄観光のビジネスクラス専門チームによる解説ガイド。 `, ƒRƒXƒpÅ‹­IHƒrƒWƒlƒXƒNƒ‰ƒX‚ƃGƒRƒmƒ~[ƒNƒ‰ƒX‚̈Ⴂ‚ð‚²Ð‰î. 機内が清潔で食事も美味しい優良航空会社!! マニラはロックダウンされてますか?となればマニラから移動はできないのでしょうか?それとももともとフィリピンには入国できない?

現状まだ、振り込まれていません。, アメリカの選挙人の数なぜ?こんなに違うのですか? 日本4空港からカナダを結ぶフライトを運航するエア・カナダ。太平洋側の玄関口となるバンクーバー国際空港に、ビジネスクラス搭乗客のみが利用できるプレミアムラウンジ「シグネチャースイート」をオープンしたことは別記事「エア・カナダ、バンクーバー空港にレストラン風の新ラウンジ『シグネチャースイート』新設。ビジネスクラス乗客だけが利用可能」でお伝えしたとおりだ。本稿では、そのシグネチャースイートと併せて利用することになるビジネスクラス「シグネチャークラス」に搭乗した際の様子をお届けする。, エア・カナダの日本~カナダ線は、現在新型コロナウイルスの影響による運休便も出ているが、スケジュール上は羽田~トロント、成田~バンクーバー、成田~モントリオール、成田~カルガリー、夏期には関空~バンクーバーといった路線を運航している。, 今回搭乗したのは成田~バンクーバー線となるが、太平洋路線における“玄関口”となる空港を結んでいる路線でもある。エア・カナダ アジア・太平洋地区 統括支社長のワイス貴代氏によると、成田~バンクーバー間のみの利用者が大半だというが、アジアや米大陸の各都市へ向かうための乗り継ぎ地として、飛行時間が短めで、第三国を含めてその先を結ぶ路線が多い成田(東京)とバンクーバーを結んでいるというのは本路線の大きな特徴だ。, さて、今回の成田~バンクーバー線では、往復ともボーイング 787-9型機に搭乗した。シグネチャークラスと名付けられているビジネスクラスは30席を用意している。, ビジネスクラス搭乗客は、成田空港、バンクーバー空港ともにプライオリティチェックインが利用できるが、バンクーバー空港では入口近くに設けられているエア・カナダのプライオリティチェックインの専用カウンターを利用可能だ。また、3月14日にオープンした「シグネチャースイート」のほか、従来から設けられている「メープルリーフ・ラウンジ」で出発までの時間を過ごすこともできる。, エア・カナダのボーイング 787-9型機内は白とライトグレーを基調にした透明感のある雰囲気で、「シグネチャークラス」と名付けられているビジネスクラスは30席。1-2-1の全席通路にアクセス可能なレイアウトで、進行方向に対して席を斜めにした“ヘリンボーン”型と呼ばれる座席配置をとっている。, 座席は上半身部分が隠れるようなデザインで、窓側の各1列と、中央側の2列とはほんの少しだが前後にずらして配置することで、隣の人の存在を感じないよう配慮されているようだ。, シートはフルフラット化が可能で、リクライニングやフラット化の操作はシート脇のタッチパネル式ディスプレイから行なえる。このタッチパネルからは、エアマットを利用したシートの柔らかさを変更することなどもできる。また、ボーイング 787型機のウィンドウシェードの明暗変更や、頭上の読書灯、足下のフットライトのオン/オフ、CA(客室乗務員)の呼び出しなど、さまざまな機能がこの1画面に集約されている。, シートは非常に長い印象で、普通の座位ではオットマンに足が届かない。脱出に影響がない範囲で、もう少しオットマンが長いと足が乗せられてラクなのにな、と思う。ちなみに、このオットマンはフルフラット時にはシートとつながり、長さに余裕のあるベッドを作るのに役立っている。, シートまわりは“収納”と呼べるスペースこそ限られているものの、サイドボードが非常に広く、ここに手回り品を置けるのが便利だ。, サイドボードの前方寄りには蓋付きの収納がある。収納スペースとしては500mLクラスのペットボトルが余裕で入り、ACアダプタとスマホを一緒に入れられる、わりと余裕のあるサイズだ。, この中にユニバーサルAC電源、USB電源、ノイズキャンセリングヘッドフォン用の音声出力端子が備わっており、蓋を閉じた状態で利用できるよう、ケーブルを通すためのすき間も設けられている。, シートモニターは18インチと大きめ。シート自体がタッチパネルに対応しているが、座席からは距離があるので、脇の収納スペースにある液晶付きコントローラを活用するのが便利だ。コンテンツによってはコントローラ側の液晶に表示できるものもあるが、基本的にはコンテンツ自体はシートモニターに表示され、コントローラで操作を行なうという使い分けになる。, コンテンツは映画、テレビ番組、音楽、ゲームと一般的なジャンルはカバーされているうえ、コンテンツ数はかなり多い。便利なのはコンテンツの絞り込み表示機能で、「残りの飛行時間内に収まるコンテンツ」「選択した言語に対応しているコンテンツ」のみを絞り込んで表示することができる。, このほか、機内エンタテイメントの観点で、Wi-Fiインターネットサービスを提供している点にも触れておく。自分のスマホなどから接続できるもので、速度が2段階となっており、低速の接続は1時間で9.25カナダドル(約720円、1カナダドル=約78円換算)、1フライトで27カナダドル(約2110円)、乗り継ぎ先でも利用できる1日プランで34.95カナダドル(約2730円)。高速の接続は1時間で11.5カナダドル(約900円)、1フライトで33カナダドル(約2580円)。このほかに低速接続を1か月利用できるプランが89.95カナダドル(約7020円)で提供されている。, 成田~バンクーバーに限っていえば、ちょっと使いたいが1時間ではちょっと足りない、というのがプランを見た際の率直な印象で、他社でも多く見られる3時間というプランがあるとありがたいように思った。1フライトで2000円強という価格帯は標準的な価格帯であり納得できるものなのだが、もう一つ選択肢がほしいと思った次第だ。, アメニティは「WANT Les Essentiels」とコラボしたポーチに、バンクーバーに拠点を置く「VITRUVI」のスキンケア用品をセットにしたもので、日本発便、カナダ発便ともに同じもの。スキンケア用品は、VITRUVI VOYAGEのリップバームとハンドクリームが収められている。, そのほか、アイマスクや靴下、歯ブラシセット、耳せん、クロスがセットになっている。クロスは空港の3レターコードが描かれた旅好きには響きそうなアイテムだ。余談だが、クロスにはHND、NRT、KIXのほかにNGOも記載があり、2019年は夏季も運航されなかったセントレア便の再開にも期待したいところだ。, さらに余談だが、ラバトリーのハンドソープにも「VITRUVI」ブランドの品が使われている。ラバトリーはカナダらしいメープルリーフが壁面に描かれるほか、窓も付いていて、ここも興味を引く空間となっている。, このほか、搭乗時にスリッパ、寝具が用意されている。寝具は枕、マットレスパッド、掛け布団の3点。マットレスパッドは用意していない航空会社も多いが、椅子のための生地と、布団のための生地は違うということを、ほんの1枚の差で認識させられ、心地よさを高めてくれる。, 生地以外の寝心地の点では、このシートは極端に横幅が広くなく、寝返りなどにはやや狭さを感じる一方で、適度に包み込まれる感じがあって落ち着く空間でもある。このあたりは使う人の好みもあるように思う。このほか、身長177cmの記者でも足下はまだかなりの余裕があり、長さ方向での窮屈さを感じる人はかなり長身な人に限られるだろう。, シートテーブルも使い勝手がよい。通常は折りたたまれた状態でシートモニター近くに固定されており、テーブル底面側のレバーでロックを外して手前に引き出す。そして折りたたまれている板を開けば、かなりの大きさとなる。, テーブルの位置は多段階で調整が可能なので、シートのリクライニング角など利用状況に応じて位置を調整可能だ。また、一番奥に押し込めば、開いた状態でも通路へ出入りできる程度のスペースが生まれるので、食事やノートPCなどをテーブルに置いていても、片付けることなくトイレなどへ行くことができる。, 機内食は、成田発便は出発直後にボリューム多めの夕食、着陸直前に朝食としてブランチを提供。バンクーバー発便は出発直後にボリューム多めの昼食、着陸直前に軽食を提供するのが基本となる。ただ、乗客の機内の過ごし方に合わせてくれるので、例えば出発してすぐ寝たい人はボリュームの多い機内食をあとで提供してもらうといったことが可能だ。, 今回の成田発便では、1食目に和食、2食目にオムレツをチョイスした。1食目はほかに牛フィレ肉や鶏肉のメニュー、健康志向のメニューなどを選択できる。, 和食は日本のケータリング会社が担っているだけであって、しょう油の風味がしっかりと付いた普通の和食。金目鯛の煮付けは味もしっかりしており、しっとりと炊き上がったお米とよく合う。小鉢もヘルシーな和食らしい品物が並んだ。, 2食目の軽食は、オムレツのほかにチキンカレーを選べ、チキンカレーは機内によい香りを漂わせていたのだが、1食目にボリューム十分の食事をいただいたあと4~5時間後の食事(しかも日本時間の体だと深夜の時間帯)だったので、カレーに手を出せるほど、お腹の元気が残っていなかったのが悔やまれる。フライト時間の短さがデメリットになる数少ないシチュエーションかも知れない。, バンクーバー発便は、モントリオールを拠点にするオーナーシェフ、アントニオ・パーク氏による「和風料理」(メニューにこう書かれていた)が提供されている。一方で、洋食メニューでは、新たにオープンした「シグネチャースイート」の料理監修を務めているデイビッド・ホークスワース氏特製料理も提供されており、有名シェフによる和洋メニューを楽しめる贅沢な内容となっている。, 今回は、アントニオ・パーク氏による和風料理を頼んでみた。ちなみに、パーク氏監修の和風料理は2食目の軽食でも選択できる。, いずれも、“和食”のイメージで口にしたので、最初は違和感があった。ただ、和食を作ろうとしてるけどなにかが違う“なんちゃって和食”のような感じではなく、違うジャンルの食事として素直に美味しい。, 例えば、和食というとしょう油や味噌のような発酵した調味料が使われ、パーク氏の料理でもこれらが使われているのだが、口にすると舌には味噌やしょう油の味が残るが、発酵食品のそれではあり得ないスッキリとした風味が鼻を抜けるように味付けしている。焼きそばにしても日本で使うようなソースではなく、こちらは逆にしょう油をベースにしたもので、どちらかというとすき焼きの最後にうどんを入れた状態を、少し爽やかかつ上品な味にまとめた感じだ。, このあたりが、「和風料理」と表現するゆえんなのかなと思う。言ってみれば、コンテンポラリーなレストランで出てきそうな、新たなジャンルの日本風料理という見方をするとよいのだろう。新しい世界に出会ったようであり、パーク氏が作るほかの料理にも興味をかき立てられている。, エア・カナダ、バンクーバー空港にレストラン風の新ラウンジ「シグネチャースイート」新設。ビジネスクラス乗客だけが利用可能, エア・カナダ、6月2日から関空~バンクーバー線を787-8で運航。ビジネスクラス設定, 虹のアーチがエア・カナダの成田~モントリオール線初便を祝福。就航セレモニーを成田空港で実施, エア・カナダ、6月から羽田~トロント線、成田~バンクーバー線を再開。7月はさらに増便, エア・カナダ、羽田~トロント線を7月再開に。成田~バンクーバー線は6月から週5往復.

Nhk 映らないテレビ 購入, ピックアップファーム スポナビ, キリンチャレンジカップ 報酬, スーツ 主題歌 歌詞, くちびるに歌を みんな で 歌 おう, リーマンショック 振り返る, ロワ ジャルダン, 星稜高校 教員, 翔 凛 高校 理事長, パリーグtv 西武, ジュリア バッド, 浜松開誠館 サッカー部 コーチ, サバイバー ロッキー, 木村多江 旦那, ロッテオリオンズ 優勝, インスタ映え 壁 作り方, ブルガリアヨーグルト 成分, サッカーの強い 中学 神奈川, 岐阜 将棋 ブログ, 経営者 英語, 文教大明清高校 男子サッカー部, ダーツ ルール ゼロワン, 坂本勇人 パワプロ フォーム, 岡山 県 高校野球 本 2019 発売 日, 海外 スポーツ文化, 仮面病棟 映画 キャスト 宮田, 坂本勇人 沖縄自主トレ, 天体観測 バンプ ドラマ, 日本一 回数 なんj, 2005年 日本シリーズ 阪神 敗因, 芸能人 大学 どうやって, 海上自衛官 死亡, 東京 高校サッカー 強豪, テセウスの船 脇役, 高円宮杯 U15 東京, 2011 セリーグ 順位, アルゼンチン 物価, 絶品チーズバーガー 中身, リネレボlrt Season2,