pf[0].insertAdjacentHTML('afterend','') -->, https://www.sankei.com/life/topics/life-33716-t1.html, https://mevius.5ch.net/test/read.cgi/bgame/1595096009/. if(!node.addEventListener)

function standardize(node){ 大成建設杯清麗戦(たいせいけんせつはいせいれいせん)は、大成建設と日本将棋連盟が主催する将棋の棋戦(女流タイトル戦)。五番勝負の勝者は清麗のタイトル称号を得る[1]。2019年度から開催されている[1]。, 2018年12月、日本将棋連盟は新たな女流棋戦『ヒューリック杯清麗戦』の開催を発表した[2]。優勝賞金は700万円と従来の最高額であったマイナビ女子オープン・リコー杯女流王座戦の500万円を抜いて最高額となり[2]、清麗戦の女流タイトル戦としての序列は単独1位となった[3]。女流タイトル戦の新設は2011年度に創設された女流王座戦以来、8年ぶりである[2]。, ヒューリックは2018年度より棋聖戦に特別協賛しているが、本棋戦の創設に伴う記者会見(2018年12月12日)において、ヒューリック会長の西浦三郎は、本棋戦を創設した理由について「タイトル戦は男性棋戦が8つ、女流棋戦が6つ。女流棋戦を活性化させていく必要がある」と述べた[4]。, 本棋戦の名称について、同じく本棋戦の創設に伴う記者会見において、日本将棋連盟常務理事(女流六段)の清水市代は「清く麗しい、という女性らしい華やかさが現れた棋戦名を選んで頂いた」という旨を述べた[3]。, 2020年10月6日にヒューリックが新たな女流棋戦白玲戦・女流順位戦の設立を発表。それに伴い本棋戦の主催者を第3期から大成建設に移行し、棋戦名も『大成建設杯清麗戦』に変更される。また白玲戦の優勝賞金が1500万円になるため、序列も2位になる予定である[5]。, 予選・本戦トーナメントを行い、挑戦者を決定する。清麗と挑戦者が五番勝負を行い、勝者が新たな清麗となる。, 本棋戦への参加資格は女流棋士のみにあり、女性奨励会員[注釈 1]やアマチュアには参加資格がない[3]。, 予選トーナメントと、その敗者が出場する再挑戦トーナメントがあり、予選トーナメント優勝者と、再挑戦トーナメントを勝ち抜いた3名の計4名が本戦出場となる。合わせて6勝(一部は7勝)すれば予選通過する仕組みになっている。持ち時間は2時間(チェスクロック方式)[6]。, 従来、女流棋戦の予選は1敗すれば終わりの勝ち抜きトーナメントが多かったが、本棋戦は1敗してもまだチャンスがあり[2]、日本将棋連盟会長の佐藤康光も「対局機会を増やすまたとないチャンス」と位置づけている[2]。, 倉敷藤花戦同様に全出場者が少なくとも2回戦から出場。敗者は再挑戦トーナメントに回る。優勝者は本戦出場。, 予選トーナメント1-2回戦敗者(第2期は33名)、3回戦敗者(16名)、4回戦敗者(8名)、準々決勝敗者(4名)、準決勝敗者(2名)ごとにそれぞれ分かれてトーナメントを行う。各ブロック優勝者と予選トーナメント決勝敗者の計6名が抽選で3組に分かれ対局し、それぞれの勝者(計3名)が本戦出場となる。, 予選を勝ち抜いた4人で本戦を行い、優勝者が挑戦者となる。持ち時間は3時間(チェスクロック方式)。, 予選・本戦トーナメントで清麗を争う。本戦の決勝進出者2名で五番勝負を行い、勝者が第1期清麗となった(里見香奈が第1期清麗)。, 予選は女流棋士全員が参加するダブルイリミネーショントーナメント方式[3]。成績が同じ勝敗数同士の者が対戦することを繰り返し、2敗した者から敗退していき、通算で6勝した者が通過する[2]。第2期とは「6勝で通過・2敗で敗退」のダブルイリミネーショントーナメントであることは共通であるが、組み合わせの表現方法が異なる[7]。(便宜的に下表は同じ勝敗の者を1つの枠で表しているが、実際には2回戦から6回戦まで、対戦前の星取りが全く同じ者同士(全勝同士、1敗の同回戦敗者同士)が対戦するので、実質的に第2期以降と同じである。), 出場女流棋士62名に1-64の番号が割り与えられ(32、64は空き番)、勝敗とその番号に基づいて各回戦の組み合わせが決められる。, 1回戦から5回戦は、若い番号から順にそれぞれグループ分けされる。グループ分けは、1回戦では2名ずつ、2回戦では4名ずつ、3回戦では8名ずつ、4回戦では16名ずつ、5回戦では32名ずつとなる(空き番の32番、64番も1名としてカウント)。各回戦の各グループにおいては全勝同士、1敗の同回戦敗者同士でそれぞれ対局が組まれる。1回戦、2回戦では、対局相手が空き番(32、64)になる者は不戦勝として1勝がカウントされる(1回戦では第1シードとして当時のタイトル保持者である渡部愛(31番)と里見香奈(63番)が該当)。6回戦はグループ分けをせずに同様に対局が組まれる。7回戦は5勝1敗の6名が3組に分かれて対局する(組み合わせ確定方法は不明)。, 予選を勝ち抜いた4人が出場。2組に分かれ対局し、それぞれの勝者が五番勝負に進出[2]。持ち時間は3時間(チェスクロック方式)[1]。, 本戦の勝者2人が五番勝負を行い、勝者が第1期清麗となる[2]。持ち時間は4時間(チェスクロック方式)[1]。, https://www.shogi.or.jp/news/2020/10/post_1954.html, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=清麗戦&oldid=80317336.

document.getElementsByTagName('HEAD')[0].appendChild(oekaki_script); 10月19日 松尾歩 - 阿久津主税 【第92期ヒューリック杯棋聖戦 二次予選(持時間各3時間)】 01組 [三浦-(中田宏-橋本)] - [鈴木-石井] 局 日程 対局場 立会人・解説など; 1: 6月8日(月) 第1局棋譜 <東京・将棋会館> 東京都渋谷区千駄ヶ谷2-39-9 03-3408-6161 2018年12月、日本将棋連盟は新たな女流棋戦『ヒューリック杯清麗戦』の開催を発表した 。 優勝賞金は700万円と従来の最高額であったマイナビ女子オープン・リコー杯女流王座戦の500万円を抜いて最高額となり 、清麗戦の女流タイトル戦としての序列は単独1位となった 。 document.getElementById('oekaki_script').addEventListener('load',function(){ setTimeout(500,oekaki.init()); }); , このサイトに掲載されている記事・イラスト・写真・商標等の無断転載を禁じます。. ); function(){ ol.addEventListener("click", Copyright(c) 2016 Japan Shogi Association , All rights reserved. if(!node.addEventListener) var pf=document.getElementsByName('oekaki_thread1'); 第91期ヒューリック杯棋聖戦 本戦組み合わせ決まる 藤井七段の初戦は斎藤八段 . node.addEventListener=function(t,l,c){this["on"+t]=l;}; }