シリア内戦の歴史 2010年から2012年にかけてチュニジア、リビア、エジプトなどで起こった反政府運動にならい、2011年以降のシリアでも 大規模な反政府運動 が起こるようになりました。 1957年、ソ連との間に経済技術援助協定が締結された。, 1958年2月にエジプトと連合、「アラブ連合共和国」が成立した(首都:カイロ)。同年3月、北イエメンが連合国家に合流した。 シリアの内戦は後述する アラブの春を契機 とし、 独裁政権から脱し民主化を訴える運動 を起こしたことがそもそもの始まりだとされています。 シリアではアサド大統領による独裁政権が40年にも渡って続いていました。 しかし、フランスは条約を 破り、それを批准することを拒否した。第2次世界大戦時、1940年のフランス陥落により、シリアは、1941年7月にイギリス軍と自由フランス軍に占領されるまでヴィシー政権の統治下におかれた。 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/08 02:36 UTC 版), この地域は世界で最も古い歴史を持つ土地と言われ、紀元前1万年頃に氷期が終わり、地球が温暖化が始まった紀元前8000年頃にはこの地域では麦による農耕が始められた。紀元前6000年ごろには「肥沃な三日月地帯」の一部として灌漑農業が発展し、紀元前3000年ころには農耕に富を基盤とした文明の萌芽があった。, 紀元前3千年紀にはエブラ、キシュ、アブツァラリク、マリなどセム語を使用する人々が建てた都市国家群が成立し、そのうちエブラは大麦、オリーブや織物の生産が行われ、「マリムーク」という指導者のもと、メソポタミアからパレスチナ、エジプトまで交易が営まれていた。紀元前23世紀頃には王の道やウィア・マリスという通商交易路が使われていた。エブラは紀元前2250年ごろにアッカドに滅ぼされる。, マリは宗教的中心地として紀元前1900年頃栄えるが、紀元前1850年アッシリア王のシャムシ・アダド1世がヤスマフ・アダドをマリ王にし間接支配を布いた。そして紀元前1759年にはバビロニアのハンムラビに滅ぼされた。紀元前15世紀にミタンニ王国が成立。紀元前13世紀にはアッシリアがミタンニ王国を滅ぼした。, 一方、海岸部ではフェニキア人の植民が展開された。海の民によりヒッタイトが滅亡するとアラム人の小国が乱立。その後はアッシリアがティグラト・ピレセル3世などの優秀な指導者によって勢力を増し、紀元前735年アッシリアが統一。紀元前732年には北に位置する騎馬民族スキタイに押されて南下したキンメリア人の侵攻を受けた。その後、アッシリア最後の偉大な王とされるアッシュールバニパル(在位:紀元前668年 - 紀元前627年頃)が即位し、ニネヴェ図書館と呼ばれる図書館を建造して数万点に及ぶ粘土板を保管した。これらは今のメソポタミア史を研究する上で絶大な影響力を持つ。 2011年から続くシリア内戦では、様々な要因が複雑に絡み合っており、解決までには多くの課題が残されています。, 30秒で終わる簡単なアンケートに答えると、「紛争で苦しむ人々を支える」活動している方々・団体に、本サイト運営会社のgooddo(株)から支援金として10円をお届けしています!, 設問数はたったの3問で、個人情報の入力は不要。あなたに負担はかかりません。年間50万人が参加している無料支援に、あなたも参加しませんか?, シリア内戦のきっかけはアラブの春と言われていますが、アラブの春の火種となったのがジャスミン革命という民主化運動です。これは2010年12月にチュニジアで起こっており、その波が中東諸国へ波及しました。, この民主化運動はやがて近隣アラブ諸国へ広がっていき、2011年にアラブの春へと発展。エジプトでは30年続いたムバーラク政権、リビアでは42年続いたカダフィ政権が崩壊します。他にもサウジアラビアやモロッコ、イラク、アルジェリアでも同様の民主化運動が活発化し、この動きはシリアへも広がっていきます。, シリアではアサド大統領による独裁政権が40年にも渡って続いていたため、国民は長年社会経済への不満を抱いていました。そして2011年、アラブの春を皮切りにシリアでも抗議運動が始まりました。, スンニ派を中心とした抗議運動はシリア全土に広がり、シーア派を主とするアサド政権政府軍とスンニ派を主とする反政府軍との間で内戦へと発展したのです。, 当初は紛争ではなく、民主化を求めるだけのデモ運動に過ぎませんでした。デモ運動が激化したのは、反政府軍が近隣国から様々な支援を受けることで武装蜂起をし、自由シリア軍を結成したことが要因とされています。, さらに自由シリア軍が政府軍を圧倒したことで、シリアでの民主化の契機が高まることとなりました。, (出典:法務省 「国別情報及びガイダンス シリア: シリア内戦」,2016)(出典:公益財団法人 日本国際問題研究所「シリア内戦の帰趨とイスラエル北辺の安全保障環境」)(出典:外務省 わかる!国際情勢「「アラブの春」と中東・北アフリカ情勢」), 2011年から長い間続いているシリア内戦ですが、どのような経緯で現在に至っているのでしょうか。シリア内戦が始まって以降の経緯を見ていきましょう。, 自由シリア軍は拡大を続け、やがて内部でも意見が対立。武闘派の急先鋒に立った人々は政権打倒を掲げ、自由シリア軍から独立する形でヌスラ戦線という過激派組織を結成したのです。, 自由シリア軍とヌスラ戦線の台頭により、アサド政権と政府軍に壊滅的な打撃を与えることとなりました。, 一方、アサド政権もロシアやイランの後ろ盾を受け、反撃を行います。さらに政府軍側のシーア派過激組織であるヒズボラもこの内戦へ参戦することとなりました。, これにより、両陣営の過激派組織が台頭し、参戦したことで戦況が激化。シリア国内を混乱へと陥れることとなりました。, これをさらに混乱させたのが当事勢いを増していたイスラム国(ISIS)の介入です。イスラム国はイラクを拠点としていたスンニ派のイスラム過激派組織です。世界的にも猛威を振るっていましたが、シリア内戦にも介入し支配地を広げようと画策したのです。, イスラム国が内戦に介入したことで、アサド政権政府軍、反政府軍、イスラム国という三つ巴の戦いが内戦を泥沼化させることとなりました。, シリア国内は各地で戦火を見ることとなり、抵抗する力を持たない国民は、大量の難民となってあふれ出ることとなったのです。, しかし内戦の中には長期化する動きもありました。アサド政権政府軍と反政府軍だけでなく、その後ろ盾となっていた欧米諸国やロシアを敵に回してしまったつながるイスラム国は集中的に攻撃を受けることになり、実質的な崩壊へとつながったのです。, それでもイスラム国がシリアに残した傷跡は悲惨なものとなりました。またこのイスラム国の崩壊により、勢力図に変化が起こったのです。, これまで三つ巴だった戦いは再び政府軍と反政府軍の戦いの形になりましたが、同時に政府軍を支持するロシアと反政府軍を支持するアメリカとの対立構図へとシフトしてしまったのです。, 2017年に入り、アサド政権は内戦において、爆撃の際にサリンなどの化学兵器を使用するという凶悪な攻撃を行いました。多くの女性や子どもが狙われ、凄惨な被害をもたらしたのです。, これによりアメリカ軍がシリアの空軍基地に空爆を仕掛けますが、ロシアの影響もありアサド政権への攻撃は限定的なものとなりました。, アメリカではトランプ大統領就任後、在シリア米軍の撤退を示唆していましたが、アメリカ軍の撤退はロシアの実質的なシリア支配へとつながるとの懸念があり、アメリカ国家安全保障チームがトランプ大統領を説得し、何とか駐留していました。, しかし2018年の暮れにはイスラム国の掃討が完了したとして、トランプ大統領がアメリカ軍を撤退させることとなりました。, これはシリアの北部から北東部にかけて広がる事実上の自治区であるロジャヴァを叩きたいトルコ政府への配慮もあり、シリアへの直接介入はこれで終わりを迎えます。, ただし反政府軍とその勢力への支援は変わらず行われているため、代理戦争の様相は続いている状態です。, ここにクルド人勢力やトルコ支援勢力も加わり、宗教的そして政治的思惑が複雑に絡み合い、混乱を極めたシリア情勢のさなか、未だに内戦は続いている状態です。, (出典:法務省  「国別情報及びガイダンス シリア: シリア内戦」,2016)(出典:公益財団法人 日本国際問題研究所「シリア内戦の帰趨とイスラエル北辺の安全保障環境」)(出典:外務省 わかる!国際情勢「「アラブの春」と中東・北アフリカ情勢」), 2011年の内戦開始から8年目を迎えるシリアは、現在は複雑な勢力図となっています。, アサド政権政府軍と反政府軍の戦いだけでなく、クルド人勢力やトルコ支援勢力、それぞれを支援するアメリカとロシアの代理戦争と宗教的、政治的思惑が複雑に絡み合っている状況にあります。, シリアの内情は混乱を極めており、終わりの見えない内戦状態が続いていると言わざるを得ません。, これらを解決するためには、シリアの国や政府だけでなく国際機関や周囲の国々の協力も必要となりますが、内戦が激化する可能性も秘めていることから解決の糸口が見いだせない状況でもあります。, (出典:法務省 「国別情報及びガイダンス シリア: シリア内戦」,2016)(出典:公益財団法人 日本国際問題研究所 「シリア内戦の帰趨とイスラエル北辺の安全保障環境」)(出典:外務省「わかる!国際情勢「アラブの春」と中東・北アフリカ情勢」), シリアの内戦により難民となった人々は、居住場所や食糧の確保が難しく、栄養不良や重篤な病気が原因でたくさんの人が命を落としています。, 一人でも多くのシリア難民を救うために活動をする人々や団体がありますが、活動を継続して行うには資金や人材がまだまだ足りていません。, お願いしたいのは、選択肢から選ぶだけの3つの質問にお答えいただくだけです。お金はもちろん、個人情報や何かの登録も一切不要で、30秒あれば終わります。, それだけで、紛争で苦しむ人々を支える活動をしている方々・団体に本サイトの運営会社であるgooddo(株)から支援金として10円をお届けします。, グループメディア:BITDAYS | DELIGHTmedia | GANMA!ニュース, gooddoマガジンはソーシャルグッドプラットフォームgooddo(グッドゥ)が運営する社会課題やSDGsに特化した情報メディアです。日本や世界の貧困問題、開発途上国の飢餓問題、寄付や募金の支援できる団体の紹介など分かりやすく発信しています。, 政府軍と反政府軍両陣営の過激派組織が台頭し、戦線が激化、さらにイスラム国の介入で内戦は泥沼化, イスラム国が政府軍と反政府軍、諸外国すべてを敵に回したことで崩壊するが、政府軍を支持するロシアと反政府軍を支持するアメリカとの対立構図へシフト, 解決のためには、シリアの国や政府、国際機関や周囲の国々の協力も必要だが、内戦が激化する可能性もあり、解決の糸口が見いだせない状況.

1973年、第四次中東戦争勃発。

国際連盟がシリアをフランスの委任統治下においたのち、フランス軍はシリアを占領した(フランス委任統治領シリア、1920年-1946年)。その後、フランス委任統治領シリアは、en:State of Damascus、en:State of Aleppo、en:Alawite State、en:Jabal Druze State、en:Sanjak of Alexandretta、大レバノンに分割・統治された。, フランスとシリアはフランス・シリア独立条約(英語版)を1936年9月に交渉した、ファイサル王政下のシリア首相、ハーシム・アル=アタースィー(英語版)は新政権下での新しい大統領に選ばれ、その結果、近代最初のシリア共和国(英語版)が樹立された。 ‚é(Œ»Ý‚Í’¾Ã‰»)B 改革では反汚職キャンペーンなどの面で多少の成果があったものの、基本的には、改革に反対するバアス党内の守旧派や軍部の抵抗で思うように進展せず、また2003年のイラク戦争でアメリカ軍の圧倒的な軍事力で隣国の同じバアス党政権のサッダーム・フセイン体制が僅か1ヶ月足らずで崩壊させられたことを受けて、以後、一転して体制の引き締め政策が行われ、デモ活動や集会の禁止、民主活動家の逮捕・禁固刑判決、言論統制の強化、移動の自由制限など、民主化とは逆行する道を歩む。近年、レバノン問題で欧米との対決姿勢を鮮明にしてからは、この傾向がますます強くなった。理由としては、グルジアなどで、いわゆる「色の革命」といわれる民主化運動により、時の強権的政権が次々と転覆したことに脅威を覚えたからだと見られている。その後、アラブの春へと続く反政府運動を受けて、これまでの引き締め政策は転換し反政府側に融和的な政策を打ち出したものの失敗したことで結果的にはその後のシリア内戦へとつながっていった。
1967年、第3次中東戦争勃発、ゴラン高原を失った。, 1970年、バアス党で急進派と穏健・現実主義派が対立、ハーフィズ・アル=アサドをリーダーとした穏健・現実主義派がクーデター(矯正運動)で実権を握る。

1949年3月、クーデターによりフスニー・アル=ザイームが政権を握るが、同年8月に打倒されハーシム・アル=アターシーの挙国一致政権が成立した。 しかし、フランス・シリア戦争(英語版)(en:Battle of Tel Hai、マイサラムの戦い(英語版)、en:Siege of Damascus (1920))におけるシリア・アラブ軍(英語版)とフランス軍との間の衝突すると、7月24日にはファイサル1世のシリアにおける治世は四ヶ月あまりで終焉し、彼は後にイラク王国の王になる。 シリア内戦(シリア騒乱)について見ていきます。内戦の原因から難民の状況などを確認して、シリア史上未曾有と言われる紛争についての理解を深めていきましょう。シリア内戦(シリア騒乱)は、2011年から現在(2018年9月)まで続く、シリアの歴史上 ‚±‚̊ԁAƒVƒŠƒA“ï–¯‚ªƒˆ[ƒƒbƒp‚Ö‰Ÿ‚µŠñ‚¹‚½B

1976年、レバノンへの駐留開始(レバノン内戦)。 1964年、ハマー動乱(英語版)勃発。同年、元大統領のシーシャクリーが亡命先においてドゥルーズ派の青年に暗殺される。 だが彼の死後、急速に衰退したアッシリアは紀元前612年に新バビロニアとメディアの攻撃を受けて滅亡。そして新バビロニア、メディア、リディア、エジプトなどの強国が乱立するが、アケメネス朝ペルシアのキュロス2世がメソポタミア地域の統一、続くカンビュセス2世が古代エジプトを制圧し、ついに古代オリエント世界全域の支配に成功した。, アケメネス朝ペルシアの支配は長く続いたが、アレクサンドロス大王率いるマケドニア王国の征服を受けると、急速にギリシア化が進んだ。紀元前322年のディアドコイ戦争でアレクサンドロス帝国は分裂し、紀元前301年にセレウコス朝が建国された。セレウコス朝はインドからイランをへてアナトリアにいたる広大な領土を持っていたが、紀元前200年ころからアルサケス朝、グレコ・バクトリア王国の侵食を受け縮小。さらにポエニ戦争にかかわったことから古代ローマ(共和政ローマ)とローマ・シリア戦争などで交戦状態となって衰退してゆき、紀元前64年にローマ帝国に併合された。, ローマ帝国の支配下ではパルミラなど諸都市が大いに栄えた。ローマ帝国が東西に分裂するとシリアは東ローマ帝国の版図に入る。, 7世紀にはイスラム勢力が勃興し、イスラム圏に組み入れられた。ウマイヤ朝のもとではダマスカスが首都とされた。その後754年に樹立されたアッバース朝はバグダードを首都としたため、シリア地方に転落した。しかし、バグダードからはシリアのダマスカスに通じる門と街道が整備された。その後10世紀にはファーティマ朝が支配するが、10世紀末の反抗運動により撤退した。, その後中央アジアからトルコ系遊牧民が渡来し、セルジューク朝を樹立すると、シリアにはシリア・セルジューク朝が成立した。その頃ヨーロッパから十字軍が侵攻し激戦が展開され、アンティオキアを都に置くアンティオキア公国が建国された。1117年にシリア・セルジューク朝が滅亡すると、代わってアルトゥク朝が支配した。, 1260年にフレグ率いるモンゴル人がこの地の征服を開始(モンゴルのシリア侵攻(英語版))。2月25日、アレッポ攻囲戦(英語版)。4月、ダマスカスを占領。9月3日、アイン・ジャールートの戦い。秋、イル汗国を建国。12月10日、ホムスの戦い(en)。, 1277年、エルビスタンの戦い(en)。1281年、第二次ホムスの戦い(en)。1299年、en:Battle of Wadi al-Khazandar。1303年、en:Battle of Marj al-Saffar (1303)。, 北方でオスマン帝国が興隆し、マムルーク朝が滅ぼされるとシリアはオスマン帝国の支配を受けることになった(ダマスカス・エヤレト(英語版)、1517–1865)。, ダマスカス・エヤレトは、アレッポ・エヤレト(英語版)(1534–1864)、トリポリ・エヤレト(英語版)(1579–1864)、シドン・エヤレト(英語版)(1660–1864)、シリア・エヤレト(英語版)(1865–1918)の4つに分割された。, 1917年、オスマン帝国が占領され、占領下敵国領政庁(英語版)(1917年 - 1920年)が成立した。, 1920年3月8日、シリア・アラブ王国(英語版)の独立はハーシム家のファイサル1世が国王に即位することで達成された。 1951年12月にアディーブ・アル=シーシャクリーによるクーデターが発生し、軍事独裁政権が成立。 大シリア(歴史的シリア)の歴史 読む年表・・・旅行メモ 緑色は今回訪れた場所: まず、シリアってどんな所? ・シリアという地名は、現在のシリア・アラブ共和国だけを意味しているのではありません。

1981年、ハマー虐殺(英語版)。 シリアは1941年にその独立を宣言した。しかしそれが一共和国の独立宣言として認識されたのは1944年の7月のことであった。1945年2月、シリアはドイツと日本に宣戦布告をした。シリアの民族主義者グループからのプレッシャーの継続および英国からの圧力は、1946年4月にフランスをして同国軍を撤退せしめ、委任統治時、結成された共和国政府が掌握した国家が遺された。, 1946年、シリア共和国(英語版)としてフランスより独立。同年、自治権を求めるアラウィー派の反乱が起きるが、政府により鎮圧。 1982年、ハマー虐殺。 1952年、再度、自治権を求めるアラウィー派の反乱が起きるが、政府により鎮圧。同年、シーシャクリー政権は全政党を禁止した。 2000年、ハーフィズ・アル=アサド大統領が死去し、息子のバッシャール・アル=アサドが大統領に就任した。, 一般にシリアは前大統領ハーフィズ・アル=アサド時代のイメージから大統領による個人独裁国家であるとみなされる事が多いが、現大統領バッシャール・アル=アサドの就任以降は絶大な大統領権限は行使されず、その内実は大統領や党・軍・治安機関幹部による集団指導体制であり、より厳密には個人独裁ではなくバアス党(及び衛星政党)による一党独裁である。バッシャール・アル=アサドは大統領就任当初には、民主化も含む政治改革を訴えて、腐敗官僚の一掃、政治犯釈放、欧米との関係改善などを行い、シリア国内の改革派はバッシャールの政策を「ダマスカスの春」と呼んだ。 シリア内戦が起こった背景とは? シリア内戦のきっかけはアラブの春と言われていますが、アラブの春の火種となったのが ジャスミン革命という民主化運動 です。 これは2010年12月にチュニジアで起こっており、その波が中東諸国へ波及しました。

ラッキーライラック グッズ, オブリガード ブラジル語, 勇者たち 浅野 いにお, 北川悦吏子 夫, 高校サッカー 埼玉 速報, オークスデータ 激走, 芝草宇宙 妻, 千葉ロッテ ユニフォーム カープ, 松本潤 結婚, 高校野球速報 鹿児島, 土居 聖真, Nhk 受信料 殴る, イレブンスポーツ 収益, ロッテ 羽生結弦 キャンペーン 2020, 新井美羽 身長, 捜査一課長 キャスト 板木, ロッテ 福田 なんj, 作陽高校サッカー部 衝撃事件, トランプタワー 54枚, 八千代高校サッカー グランド, 菊花賞過去 20 年, 中島卓也 登場曲 2020, ウイニングポスト 9 1月2週, ロッテシティホテル錦糸町 お菓子, Ana The Room 搭乗記, カルテット 楽器, シグナル ネタバレ 漫画, 久間田琳加 スタイル, 今夜ロマンス劇場で Bs, 札幌 中体連 サッカー 2018, 井上真央 結婚, 医龍2 最終回,