古代史マップ 世界を変えた帝国と文明の興亡 (ナショナル ジオグラフィック 別冊). 業務), 2019年最新版】イラクの治安・危険・旅行・回復をご紹介⑥治安(危険対策), 2019年最新版】イラクの治安・危険・旅行・回復をご紹介⑦旅行(退避勧告), 2019年最新版】イラクの治安・危険・旅行・回復をご紹介⑧回復はいつ?, 2019年最新版】イラクの治安・危険・旅行・回復をご紹介⑨回復したら行ってみたい観光スポット, https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcspotinfo_2018C137.html.

イラクまでは飛行機でおよそ14~15時間で行くことができます。イラクの気候や通貨、宗教、マナーなどを確認して快適なイラク旅行を楽しみましょう。, イラクは、クウェートやサウジアラビアと隣接している連邦共和制国家です。面積は日本の約1.2倍で、2013年時点で世界第5位の石油埋蔵国です。, 日本からイラクへの直行便はありません。また、他の国で乗継をしてもイラクには直接入国はできません。 なお、ビザやパスポート情報は変更されることもあるので、大使館や領事館、旅行会社などで事前に確認することをオススメします。また、イラクのクルディスタン地域(一部)や南部4県、バグダッド国際空港の敷地内を除いた大部分に「退避勧告」が出されているので、どのような理由であれ渡航は見合わせるようにしましょう。

特に女性は肌の露出に関して厳しいです。出歩く際には肌や髪が露出することのないように。また、防弾チョッキの着用も心がけておきましょう。いつどこで発砲事件が起きるか分かりません。

「サーマッラーの考古学都市」は、高さが54mの巨大な螺旋塔「マルウィヤ・ミナレット」を代表とする都市です。都市計画や彫刻などが見られます。「マルウィヤ・ミナレット」はイスラム教の礼拝堂モスクであり、当時は世界でも最大級だったと伝えられています。 男女隔離の考えもあるので、むやみに異性に対し話しかけたり、握手を求めることは避けたほうがよいでしょう。, イラク料理は、「メソポタミア料理」とも呼ばれています。米料理の「ブリヤーニ」は、他のアラブ諸国で食べられているものと同様ですが、肉料理の「ティッカ」は、日本でも知られている「ケバブ(カバブ)」となり、イラクの「ケバーブ」は肉団子の一種となります。「ホブス」という平たいパンをメインに、オリーブの塩漬け、「デブス」と呼ばれる蜜やヨーグルト、紅茶などがイラクの伝統的な朝食となっています。, イラクの首都バグダッドの南に位置するバビロン遺跡には「バビロンのイシュタル門」があります。龍や牡牛を形にした色彩煉瓦で作られた門。本物はベルリンのペルガモン博物館なりますが、元の場所にレプリカが立てられ観光できます。 バグダッドの旅行ガイドならトリップアドバイザー。バグダッドのホテル・観光名所・グルメに関する1,768件の口コミやユーザーが投稿した写真を利用して、最高の旅行プランを計画して下さい。 「アルビールの城塞」はイラクの中で最も新しく認定された遺産で、人が住み続けている世界最古の都市の一つです。人工的に造られた高台の上に建てられており、壁に囲われた城塞を中心として、放射線状に街が発展しています。 ©2020 ADVENTURE inc. All rights reserved. メソポタミア文明で栄えた地で、有名な世界遺産などがあり、魅力的な中東のイラク。いまだに、治安が悪く、不穏な情勢がニュースで伝えられていますが、イラクの最新の治安はどうなっているのでしょうか。将来回復の見込みはあるのか、旅行に行って危険はないのかご紹介します。

なお、現状では長く続いた戦乱の影響で、電気が使えない場所や安定していない場所も多く存在します。, イラクのインターネット普及率は7.1%程度と非常に悪いです。インターネットを必要とする場合は出発前に国内にWi-Fi機器などをレンタルする必要があります。, 長く続いた戦乱の影響で水質管理はほとんどされていません。口にする飲料水や調理用水は必ず一度沸騰させた後に使用してください。また、ミネラルウォーターも信頼のおけるものを使用する必要があります。, イラクは古代メソポタミア文明の興った場所で、多くの遺跡や遺産があります。スポーツが盛んで、中でもサッカーが最も人気を集めています。2007年のアジアカップでは優勝した実績もあります。, イラクは国民の約99%がイスラム教を信仰しています。そのうちの60~65%がシーア派、残りがスンナ派です。アッシリア人と少数の民族はキリスト教を信仰していて、人口の約0.8%です。ヒンズー教、仏教、ユダヤ教もいます。, イスラム教徒がほとんどなので、風俗や習慣はイスラムの戒律に基づいて注意を払わなければなりません。 「アッシュール遺跡」は調度品など数多くの遺跡が発掘されている半面、発掘は1/3程度しか進んでおらず、さらには過去に近くであったダムの建設により(現在は中止)浸水の危機を迎え現在「危機遺産」にも登録されています。

イラク旅行は個人でもできる? イラクは、まだ一人で気軽に旅行ができるような場所ではない。ヒンターランドトラベルやアンテイムド・ボーダーズといった旅行代理店のツアーへの参加がおすすめ。 ちなみに両者ともイギリスの会社である。

今もなお戦乱が続くイラク。重要文化財の破壊や強奪により失われつつあります。またイラクでは治安が悪く、日本人は渡航が困難とされています。多くの地域に退避勧告が出されているため旅行は控えましょう。, イラクには文化遺産として「アルビールの城塞」「アッシュール遺跡」「サーマッラーの考古学都市」「ハトラー遺跡」があります。 「ハトラー遺跡」は別名「神の家」と呼ばれローマ帝国の攻撃に幾度もさらされています。最近ではイスラム過激派組織に破壊され、修復に莫大な予算と日数がかかるようです。, イラクでは礼拝用の数珠などをお土産に持って帰る人が多いようです。また、中東の方で一般的に食べられているデーツという果物を使ったお菓子が売られています。. また予防ワクチン(A型・B型肝炎、破傷風、腸チフスなど)接種後に渡航するようにしましょう。, イラクの気候はほとんどが砂漠気候です。赤道上の国ではありませんが、世界で一番暑い地域といわれています。夏期(5月~10月)は非常に乾燥していて、雨が降ることはほとんどありません。また6月~9月にかけては40度を超す暑さが続きます。夏季での滞在時は熱中症に気を付けましょう。, イラクの通貨は「イラク・ディナール」が使用されています。過去に偽札が多く出回っていた為、2003年に一新されています。紙幣は50,250,1000,5000,10,000,25,000ディナール、硬貨は25,100ディナールがあります。 ちなみに1,000円は、9.042イラクディナールです。, かつてイラクには宗教的な観点からチップを支払う習慣がありました。しかし現在は、旅行者が気軽に旅行ができるような状況ではないため、接客サービスに対してチップで応えるような状況ではありません。, イラクのコンセントはC型、D型、G型となるため日本のコンセントは使えません。電圧は230Vで日本の電化製品では、ものによっては変圧器が必要になります。

将来的に首都バグダッド辺りへ入れるようになればアジアや中東を経由し、約14~16時間程度で行けるのではないでしょうか。, 日本とイラクの時差は6時間です。日本が正午の時イラクは早朝の6時です。サマータイムは実施していません。, 基本的には渡航できません。商用でやむをえずイラクに入国する場合にはビザが必要です。その場合は駐日イラク大使館又で査証申請ができます。なお、イラク国内到着時(空港)の査証の取得はできません。パスポートはビザ申請時に6ヵ月以上必要です。海外旅行損害保険には必ず加入する必要があります。なお、パスポートにイスラエルのビザおよび出入国記録が残っているとビザが発給されないので要注意。

イラク行き格安航空券・飛行機を予約・比較・検索するならskyticket(スカイチケット)。スカイチケットは旅行前でも国際線飛行機チケットを一括比較できます。イラク行きの様々な航空会社、全世界の空港発着の海外航空券を検索出来るサイトです。

見た目は、怖そうだとか悪そうというイメージがあるけども、勉強もそこそできるし、人付き合いもいい。単に見た目で損している。, イラクも同じだ。テロや戦争というイメージで人々は、イラクを恐れる。けれども、実際に行ってみると、そこはまさしく古代遺跡パラダイス。曲がりなりにも、あのメソポタミア文明を生み出したの土地なのだ。, なんとなく頭ではわかっていたとしても、イラクという場所に来ると人類史の長さ、そして2,000年以上前には、すでに洗練された国家や人々の暮らしがあったのだということを実感する。, 2019年末の時点で、観光ビザが発行されるのは、団体旅行者のみ。単独の旅行者には、観光ビザは発給されない。観光ビザ代は50ドル。有効期間は30日間。イラクのビザ事情はよく変わるので、要注意。, イラクと一口に行っても、場所によって治安はだいぶ異なる。日本の外務省によれば、クルディスタン自治区は危険度は2。首都バグダッドやイラク南部は危険度3。シリアとの国境側やモスルなどを含む北部は、退避勧告が出ている。, イラクの治安状況は、天気のように変わりやすいので、定期的にチェックし、行けるタイミングをみはかるべし。, イラクは、まだ一人で気軽に旅行ができるような場所ではない。ヒンターランドトラベルやアンテイムド・ボーダーズといった旅行代理店のツアーへの参加がおすすめ。ちなみに両者ともイギリスの会社である。, ツアー料金は、時期や人数にもよるが、私が行った時は10日のツアーで3,600ドルほどだった。, イラク国内は検問所が多く、個人が自由に行き来するのも難しい。現地の事情に明るいフィクサーなどと行動する方がベターだ。, イラクの玄関口となるのが、首都にあるバグダッド空港。イラクの首都バグダッドへは、エミレーツ航空、ターキッシュエアライン、カタール航空、イラクのナショナルフラッグ、イラキエアウェイズなどのフライトがある。, ここで紹介しているのは、あくまで私が実際に訪れた場所だ。治安や時間の都合で、回りきれなかった場所も多くある。それほどイラクは、見所にあふれたスポットと言えるのかもしれない。, 空中庭園やバベルの塔で知られるバビロン。現在我々が見ることができるのは、バビロンの黄金期を築いたネブカドネザル2世の時代に作られた、宮殿や神殿、イシュタル門である。, ちなみに現地にあるのはイシュタル門の複製。本物はベルリンの博物館に展示されている。このように、遺跡保護の観点から、イラクで出土した多くのものが、海外に流出しているケースが多い。, ネブカドネザル2世の広大な宮殿は、アレクサンドロス大王が没した場所でもある。近くには廃墟と化したサダム・フセインの宮殿もある。イラクに行くなら、マストで訪れたい場所だ。, 9世紀アッバース朝の時代に建てられたモスクとミナレット。その規模は、当時の繁栄ぶりを物語る。, モスクに隣接する塔をミナレットと呼ぶのだが、通常ミナレットはえんぴつ型だったり、煙突型をしている。サマッラにあるらせん型のミナレットは、世界的に見ても珍しい。, イスラーム教シーア派の聖都ナジャフには、世界一巨大な墓地がある。それがワディ・アル・サラーム(平和の谷)と呼ばれる場所だ。, 墓で眠るのは、イラク国内の人々だけではない。パキスタンやアゼルバイジャン、インドなど世界中のシーア派たちが、ここで眠っている。, ペルシャ帝国であった、ササン朝の首都クテシフォンに建てられた宮殿。現在残っているのは、「タク・カルサ」と呼ばれる、宮殿の一部であったレンガ状のアーチ。支えなしで作られたレンガアーチとしては、世界最大のものである。, イラクや隣国のイランは、イスラーム教のシーア派が多数を占める。シーア派はイスラーム教の中では少数派だ。そんな彼らの聖地がナジャフ、そしてカルバラである。, 聖地にはシーア派を語る上では欠かせない重要人物、殉教王子ことイマーム・フサインやイマーム・アリーなどの聖廟がある。聖廟の近くには、日本の寺のようにお土産屋やスイーツショップがひしめきあう参道があり、聖地に参拝する信者たちで、にぎわっている。, 国士舘大学のチームが発掘に携わったという洞窟遺跡。カルバラーから車で1時間ほどの場所にある。洞窟からは、約2,000年前の墓や当時の織物、皮革製品などが出土している。, 紀元前6,000年前に宗教的中心地であったニップルに残る遺跡。遺跡は人里離れた荒野にあり、遺跡にたどり着くまでに約1時間ほど歩かねばならない。遺跡の周りには、当時のものかと思われる陶器の破片が、無数に散らばっている。, 首都バグダッドから車で1時間ほどの場所にあるのが、紀元前2,000年前の古代都市ドゥル・クリガルズで築かれたジッグラト。, ジッグラトは神に祈りを捧げる場所として作られた聖塔のこと。ジッグラトの近くには、シュメールの神を祀った神殿の遺跡や、サダム・フセイン時代に作られた廃墟と化したバーがある。, イラク南部の町ナシリアの近くにある。紀元前2,000年頃に作られたという古代都市ウルのジッグラト。シュメールの主神であり月神であるナンナを祀るために作られた。, 首都バグダッドにある博物館。「イラク建国の母」とも呼ばれた、イギリス人のガート・ルート・ベルが中心となって設立した。, アッシリア、バビロン、ウルなどこの地で栄えた古代文明に関する発掘品が展示されている。, イラク戦争で多くの品が略奪され、海外へと流出してしまった。しかし、国内外の関係者の努力により再び集められ、博物館再開へと至った。バグダッドを訪れるならば、ぜひとも行きたい場所である。, 中東というと、どこも砂漠でしょう?と思われがちだが、イラク南部には湿地帯が広がる。古くから湿地帯には、マーシュ・アラブ(沼地のアラブ人)と呼ばれる人が住んでいた。, 沼地には葦で作られた家がぽっかりと浮かび、水牛がのっそりと歩く。現在、沼地で暮らす人々は減ったが、ほのぼのとした沼地の光景は今でも残っている。, イラク第3の都市バスラから車で1時間ほどの場所にあるのがクルナ。そこにチグリス川とユーフラテス川が合流する地点がある。2つの川が合流し、シャットルアラブと呼ばれる1つの川になって、ペルシャ湾に流れ込む。, 合流地点は、ジモティーの憩いの場になっており、釣りをしたり、まったりする人々でにぎわっていた。, 近くには、「アダムの木」と呼ばれる木がある。イラクの南部は、聖書に出てくる「エデンの園」だった場所かもしれない、と言われている。, かつてはヴェニスのような光景が広がっていたバスラ。現代では、石油製品を輸出する重要拠点として知られる。, イラン・イラク戦争やアメリカの侵攻などをへて、様子はすっかり変わってしまったが、16世紀頃の建物が残る旧市街や、バスラ湾クルーズを楽しむことができる。, 肥沃な土地と呼ばれるだけあって、イラク料理は彩り豊かな野菜や果物がふんだんに使われている。, イラク料理はインドやイランの影響も受けており、ケバブやチキンティッカは、日本人の口にもよく合う。国民的料理であるチグリス川の鯉を使った「マスグーフ」は、イラクに行ったら一度は食べたい料理。, メソポタミアの恵みを感じるイラク料理、そして静かに横たわる雄大な歴史の鱗片。イラクには、ワクワクするものがたくさんつまっている。, そこはまるで、古代文明ランドである。けれども、現代の戦争やテロで旅行客が少なくなり、その事実が忘れ去られている。, イラクには観光客がほとんど訪れないゆえに、歴史的な遺跡もあまり知られていない。イラクのサマッラのミナレットやニルムドな度をはじめとする、消滅の危機に瀕した遺跡を紹介するのが「消滅遺産」。, イラクといえば、メソポタミア。メソポタミアといえば古代文明。この古代文明を知らずして、イラクを知ることはできない。, 普通の日本人がムスリム女性と暮らしてみたらどうなる?「次にくるマンガ大賞」や「このマンガがすごい!」などでも取り上げられた話題の漫画「サトコとナダ」。, 中東・イスラームを探求する人。学生時代にイスラエル、パレスチナに留学。その後、社内でたった1人の日本人として40ヶ国以上の国の同僚たちと働きながらドバイで4年半暮らす。一身上の都合で、どういうわけかイスラーム教徒になる。本格的に中東探検を行うため、ドバイでの会社員生活に終止符をうつ。会社員時代まで筋金入りのインドア派であったが、ランニングと登山を始め、日本人で初めてソマリアでのマラソン大会に出場。 著書「ソマリアを旅する アフリカの角の果てへ」, 文化 歴史 食べ物 アラブ首長国連邦 イエメン イスラエル イラク イラン オマーン クウェート サウジアラビア メッカ ソマリア ソマリランド パレスチナ バーレーン ヨルダン レバノン, おすすめ本 ドバイで働く ドバイの暮らし 内向型の受難 海外から見た日本 海外生活は辛いよ 英語の壁.

明日の約束 キャスト, 生瀬勝久 実家, 日本プロ野球 年俸, Miu404 アンナチュラル, 青夏 キャスト 相関図, 奈良県 高校サッカー強豪, 内田篤人 上村絵里子, ミッドナイトランナー ネタバレ, パワプロ2020 中古, 日本人ジャーナリスト 死亡, 外国人騎手 歴代, プロスピ アニバーサリー, 近鉄バファローズ 現役, 坂本勇人 壁紙, 埼玉 社会人サッカー セレクション, 吉川尚輝 守備範囲, ペットサウンズ 歌詞 和訳, セルヒオ 由来, ロッテ免税店 Cm 出演者, オバマ 娘 養女, 戦争ドラマ 日本, 國學院久我山 サッカー 進路, スーツ2 9話 あらすじ, 万代 ロッテ キャンペーン, リーマンショック Gdp 影響, エイバル 順位, 巨人 吉川尚輝 スタメン落ち,