(免疫細胞療法については当ブログ内記事『第四の治療法である《がん免疫細胞療法》のモラルなき実態に迫る!』にて詳しく話しているので、ぜひ併せて読んで頂きたいと思います), アメリカのがん治療では、FDA(米国食品医療品局)が承認していない治療法を、臨床試験や治験以外を除いて、費用を取って行うことは禁じられているんです。つまり免疫細胞療法というのは、言葉は悪くなりますが人体実験を受けていることと同等だということになります。, このように、アメリカ医療の常識を知ることで、日本では当たり前のように行われているガン治療が《安全ではない可能性もある》ことを理解しておく必要があると言えるでしょう。, アメリカでは、たとえば大腸がんの腹腔鏡手術を受けた場合、患者の入院日数は術後5日ほどで退院となります。, 一方で日本の場合では、入院の平均日数は15.2日。手術後の退院までは約10日ほどかかっており、アメリカの2倍以上の日数を要しています。さらに、各病院の入院日数には大きなバラつきがあり、多い場合には1ヶ月以上も入院している患者もいます。, このような差が生まれるのは、保険制度の違いと診療報酬の支払制度の違いが大きな原因だと言えるでしょう。, 前述していますが、アメリカというのは、外来であろうと入院であろうと全てが自由診療となっています。, アメリカの病院で入院した場合、相部屋でも1泊10万円近くの費用が必要となります。そのため、アメリカの病院の近くには1泊3000円程度の安ホテルがあり、そこに泊まりながら、点滴をぶら下げて通院する患者が少なくありません。, 民間の保険会社もあるにはあるのですが、保険料が月10万円を超えてしまうので、一般人ではなかなか加入することができない現状があります。, さらに民間の保険会社の保険料もそれほど高額ではありません。いくつかの保険会社に加入していれば、医療費の負担は非常に軽く、経済的な心配がほとんどないと言えます。, アメリカでの入院費の計算は《入院1回あたり》となります。つまり、5日入院しようが10日入院しようが、入院に対する報酬は同じとなり、長くなればなるほど病院はコストがかかってしまいます。, 病院側としては、できる限り短い日数で退院できるようにすることは、当然だと言えるでしょう。, そのため、入院が長期になれば報酬が増えることになり、患者が長く入院していても病院に損はありません。, こういった状況を憂いてかどうかは分かりませんが、現在、厚生労働省では出来高払いの制度をやめて、入院1回あたりで診療報酬を定める制度の導入を検討しているようです。, 保険制度や診療報酬の制度に関しては、日本とアメリカの制度『どちらが国民にとって良いのか』、今の時点では正しい答えは出ないと言えるでしょう。, 日本では、医者に治療の全てを任せてしまう傾向にあり、また医療の体質も、そうせざるを得ない状態だと言えます。, たとえば、ガンの治療を受ける場合、最初にかかった医師が外科であれば『手術の方法』が優先されることになり、他の治療法を選択できない可能性が極めて高くなります。, アメリカでは、こういった患者の選択肢を狭めることがないようにキャンサーナビゲーションという制度が導入されているんです。, 患者の意思を尊重するために、患者の診断時から緩和ケアまでを客観的にサポートする制度のことをキャンサーナビゲーションといいます。, 医師の一存で治療法が決まったり、確たる根拠もない民間療法に惑わされて治療法が変わってしまうと、患者にとって不都合なことが起こりやすくなります。そのために、キャンサーナビゲーターという専門家が、客観的な立場から適切な治療法を患者と一緒に考えてくれるんです。, アメリカでは、この制度があることで、医師まかせにしない《自分の意思を持った患者》になれると言えるでしょう。, ですが、アメリカではこのような考え方ではなく、全く違った形で緩和ケアというものを捉えています。, こういった『ガン患者が必ず抱える不安や恐怖を、どう緩和していくのか』を総合的に考えるのがキャンサーナビゲーターの役割であり、長く良い付き合いが出来るからこそ『どのように最期を迎えるか』という難しい相談までも行えます。この一連の流れがアメリカでの緩和ケアに対する考え方です。, 日本では、病院のベッドで亡くなる人は80%近くもいるようですが、アメリカではこの半分もいません。, これは、在宅で緩和ケアが受けられる環境が、しっかり整えられている証拠であり、日本も見習うべき点であることは確かでしょう。, ガンを始めとした病気に対する考え方が、日本とアメリカでは根本的に違っていることもあり、また、制度の面でも日本は大きく遅れをとっていることは否めないと言えるでしょう。, しかし、記事中でも話していますが、決して日本の医療や医療制度がアメリカに劣っているわけではないんです。, 日本に不十分な点があるのは確かですが、アメリカの制度にも不備な点があることは間違いありません。, 確実に言えることは、患者が自分の治療を選択できる自由、そしてそれをサポートする体制、さらに、患者の経済的負担を軽くする制度――。. 「アメリカの医療費が高い」というのは聞いたことがあるのではないでしょうか。日本では信じられませんが、ごく限られた人をのぞいて公的な医療保険に入っておらず、高すぎる医療費のせいで破産する人がいるのがアメリカです。 それに伴い、今では三人に一人ががん保険・がん特約に加入しているのが現状となっている。, 我が国では、アフラック・チューリッヒ・アクサダイレクト等が販売するがん保険が非常によく売れています。, このような保険が売れているということは、「がんは怖い!」と私達は洗脳されているからなのです。, しかし、この洗脳が解けてしまうと、保険会社が儲からなくなるのは勿論ですが、医者や製薬会社はおまんまの食い上げとなってしまうのです。, だが、私達の健康をお金儲けの為に脅かされることは、許されるべきことではないので、そのからくりを今回ご説明致します。, 千島学説で知られる千島喜久男博士は、「がんは摘出すべきではない!」と論じています。, その理由は、がん細胞は赤血球からできており、摘出しても根本を解決しないと、がんは治らないからなのです。, つまりは、がん細胞を切除したり、抗がん剤で殺したりしても無意味だということなのです。, 簡単に言えば、フレッシュな野菜・フルーツを食べて、自分の自然治癒力を高める方法なのです。, しかし、こんなにもいとも簡単にがんが治ることが、世に知られると医者や製薬会社は食い扶持を失うことになるので、表のメディアでは、ゲルソン療法の話は出てくることは絶対にないのです。, 例えば、NHKの『ためしてガッテン』では、腰痛や便秘等のテーマは出てきますが、「ゲルソン療法で、がんが治る!!」なんて番組は放送出来ないのであります。, ゲルソン療法は1930年代から提唱している療法で、何千人という成功事例が存在します。, けれども、本場のアメリカでは、日本の厚生省にあたるFDA(米食品医薬品局)や米がん協会は、ゲルソン療法の効果を認めていません。, 同じく、日本の厚生労働省もゲルソン療法をはじめとする代替療法は効果が無いと定義づけしております。, 表のメディアであるテレビや雑誌においては、ゲルソン療法等の代替療法はゲテ物扱いをしております。, しかし、皆さんに気が付いて欲しいことは、これらのメディアは製薬会社がスポンサーとなっていることなのです。, そして、この殺人がんビジネスは、医者や製薬会社と同じように、日本国政府にとっても都合が良いのです。, 年金という制度は既に破綻しており、受給年齢を引き上げるとか、受給額を引き下げるとかとの議論があります。, しかし、年金受給年齢が到達する前に高齢者の大半が死んでくれれば、年金問題は解消されるのです。, 本来は、医者や製薬会社は殺人罪で逮捕され、投獄される身でありますが、政府との思惑が一致している為に刑を逃れているのです。, その代わりに本来は、殺人罪によって処刑されるべき人間が裁かれずに、罪もない善良な私達国民が毎日、抗がん剤によって処刑されているのです。, 筆者が信頼しているとある医師の話では、レントゲン写真が他人の物に摩り替わっている場合があるとのことでした。, 看護士や医者が間違ってレントゲン写真を摩り替えてしまったのであれば仕方が無いが、病院ぐるみで故意に写真を摩り替えていたのなら大変だよな!とその医師は言葉を濁していました。, また、患者本人のレントゲン写真に加工を施して、白い陰影をつけている可能性もなきにあらずとの説明でした。, 「なるほど!そうか!」と筆者は思いました。だから二人に一人という高確率で日本人はがんになるのだなと、結論づけられました。, 確かに、近年の就職活動においては、女子大生が証明写真の画像を加工するのが当たり前だと聞いております。, このような観点から考えると、医者があなたに見せるレントゲン写真は、はたして本物なのか?偽物なのか?ということなのです。, そして、話はゲルソン療法に戻りますが、フレッシュな野菜・フルーツを体に取り入れて下さい。, しかし、スーパーで買ってきた野菜・フルーツは農薬まみれなので、農薬を使用しない野菜を摂取して下さい。, マンション等の集合住宅に住んでいる方は、自家栽培する土地が無いかもしれませんので、レンタル農園でも借りて下さい。, 日本という国では、医者や製薬会社の為に『がん』という病気が捏造されているに過ぎないのです。, テレビで宣伝しているがん保険の会社は外資系企業であり、私達日本人の無知さをあざ笑っているのです。, がん保険なんて欧米にはない!!! ~殺戮されている日本人~ | ショージ・サエキのブログ. 日本で開発された検査方法だが、肝心のガン発見率は低く、放射線被曝による身体への影響は軽視できない。. (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); © Copyright 2020 美健ファースト~Biken-First~. All rights reserved. 誰もが平等に医療の提供を受けることができる国民皆保険制度。清潔を徹底したキレイな病院。知識・技術ともに優れたナースとドクター。日本の医療は世界一安心できる――たしかに事実です。しかしその一方で、この思い込みが治療の選択肢を狭める原因にもなっています。, 日本の医療をアメリカと比べると、たしかに医療費の面でのバラつきは無いのですが、肝心の治療の質に関しては、かなり大きなバラつきがあるのをご存知でしょうか?, たとえば、術後死亡率・術後合併症・救命の失敗など、日本では手術の種類によって大きな差が出ています。, とくに、日本のがん治療には、アメリカのがん治療と違い、大きな弱点があり、そのウィークポイントが未だに克服されていない現状があります。, そこでこの記事では、日本とアメリカにおける『がん治療の格差』の実態と、日本は本当に『安心・安全な医療先進国なのか』について話していきます。もし、あなたやあなたの家族が重い病気になった場合に、この記事が治療の選択肢を広げる参考になれば幸いです。, 胃がんや大腸がんなどの手術では、切除のセオリーとして《開腹手術》と《腹腔鏡手術》の2つがあります。, 手術における身体への負担や、術後の回復スピードを考えると、やはり多くの人が腹腔鏡手術を希望します。ですが日本では、どこの病院でも腹腔鏡手術を受けれらるわけではありません。, 日本でもほぼ100%の割合で、腹腔鏡手術をしている病院があることは確かです。しかし一方で、ほとんど全てが回復手術を採っている病院もあります。 アメリカには、日本の国民健康保険制度のようなものがなく、公的医療保険制度は、高齢者、障がい者、または低所得者を対象としたもののみ。これらの加入条件に該当しない場合は、民間の保険に加入する以外の選択肢はありません。しかし、これまで民間の保険の医療保険は高額で、加入できない人も多くいたため、オバマ政権下で「Affordable Care Act」(通称オバマケア)により、全ての人が医療保険に加入し、医療を受けられ … アメリカに滞在する際、高額医療費へ備える手段は主に2つ。1つは現地の民間医療保険に加入する(勤めている会社が団体加入するケースもある)、そしてもう1つは、日本にて海外旅行保険や留学保険、ワーキング・ホリデー保険、海外駐在保険等に加入してから渡航することです。 日本では全国民強制加入で3割負担で統一されています。 しかし、アメリカでは現段階では保険への加入は任意。 事実、約4800万人のアメリカ人がが医療保険に加入出来ていません。 Copyright © CyberAgent, Inc. All Rights Reserved. ページコンテンツ. 1 医師の数が少ないため治療の選択肢が限られる.

つまり、日本には腹腔鏡手術ができる医師が圧倒的に少ないという現実があるんです。, 医師の絶対数が少ないということは、技術を持っている医師が他国と比べて少なくなるのは当然のことだと言えるでしょう。, この状況は、患者が選べる医師、さらに治療の選択肢の幅までもが狭まっていることを意味しています。, 冒頭でも述べていますが、日本は国民皆保険制度のおかげで、誰もが安価に医療サービスの提供を受けることができます。, 重粒子線治療などといった先進医療は無理ですが、厚生労働省が認めている治療であれば、1割~3割を負担することで、がん医療も手術や投薬などが受けられます。, さらに、費用が高額になっても高額療養費制度というものがあり、月9万円程度の負担で済みます。, 日本と違い、民間の保険会社頼りのアメリカでは、保険料が高額なうえに、保険金の支払いも細かな規約が定められているため、無保険の人が多数を占めています。, 無保険ということは、医療費は全て実費となるので、ある程度の収入を得ていないと簡単に病院には行けません。, ただし、医療費が高額なぶん、知識も技術もハイレベルな、患者自身も納得できる医師や病院を選ぶことができます。, アメリカ医療は、各病院によって受けられる医療の格差が起きないように、非常に細かいガイドラインの制定を遵守しています。, 一方の日本では、そういったガイドラインがないので、担当した医師の経験と技量に左右されることになります。そのため病院によって、医療の質に差が生まれてしまうことになります。, さらに日本のがん治療では、外科の力が非常に強いうえ、最初に治療方針を話し合う腫瘍内科医の存在も少ない状態です。そのため、患者と十分な情報共有をしないままなので、手術という選択しかない状況になってしまうんです。, 日本で、患者が治療の選択肢を広げるためには、ガイドライン制度は必要と言えるでしょう。, ただ、誤解しないでほしいのは、アメリカの医療が日本の医療より優れているわけではありません。, 『大病院ならどこで治療を受けても同じ』と思い込んでいることが問題なんです。この思い込みが、より適切な治療方法があるにも関わらず、自ら選択肢を消してしまっていることが問題というわけです。, がんになったというだけで、もう絶望のどん底に落ちてしまったような暗いイメージだけが付きまとう。, ガンと告知されると、自分が一回り大きくなるためのチャレンジとして、前向きに捉える人が多い。, この違いは、アメリカでは放射線治療や腫瘍内科などといった、外科手術以外を選択する間口が広く、さらに、それを選ぶときに、患者へ十分な情報を提供する環境が整っているところにあります。, 決して日本の医療が劣っているわけではないのですが、こういった点は日本が学ぶべきところだと言えるでしょう。, 日本の医療界、とくにがん治療の分野では外科至上主義が強く、すぐに『切る』という選択をする外科医が多くいます。, ただ、誤解しないでほしいのは、日本でもトップレベルの外科医は高い技術力を持っています。しかしその一方で、放射線治療や抗がん剤という治療法の選択肢を、患者に示さないことが多く、結果的に術後の負担を大きくしてしまうことがあるんです。, 患者の負担を可能な限り低くするため、医療大国アメリカが決して行わないものを以下の表にまとめてみます。, 日本では当たり前のことも、海外に目を向けることで、かなりの差があることに驚く人も決して少なくはないはずです。, がんの手術では、転移を防ぐために、たいていの場合は腫瘍の周辺部にあるリンパ節までを切除します。, これは仕方のないことだとも言えるのですが、リンパ節を切除することによって、リンパ節浮腫を引き起こしてしまうケースがあり、術後の患者への負担は非常に大きくなります。, 日本の外科医は、がん手術の際に一種の腕試し的な形で、リンパ節を必要以上に切除してしまう場合が多い。, アメリカでは、まずリンパ節生検を行い、転移の危険性が非常に高い場合には切除に踏み切る。, 切られる側の患者にしてみれば、できる限り切除する部分は少なくしてほしいと思うのが普通の感覚です。切除する部分が多ければ多いほど、術後の負担も大きく変わってくるので、こういった辺りは日本が改善すべきポイントだと言えるでしょう。, 日本は、小さな島国でありながら医療施設は非常に多く存在します。これは素晴らしいことなのですが、放射線治療専門医の数となると、全国でわずか1000人程度しかおらず、欧米のように若手を育てる環境もありません。, こういった現実が、ガンになってしまった患者に対して、治療の選択肢を狭めていることにも繋がっているんです。, 日本で一般的に行われている胃がんの検診でバリウム検査があります。しかし、このバリウム検査というのは、今や日本でしか行われていない検査なんです。, ほとんど知られていないのですが、バリウム検査というのは日本で開発されたものなんです。しかしバリウム検査では、食道がんや胃がんの位置を正確に特定することはほぼ不可能で、むしろ検査によって被るX線撮影による被爆のほうがリスクが高いと言われています。, 一方のアメリカでは、食道がんや胃がんの検診にCTを使っています。なぜなら、CT検査のほうが明らかに患者の身体への負担が少なくて済むからです。, 胃の形というのは非常に複雑なため、最低でも8枚のX線写真を撮影しなければなりません。さらに、胃の動きを観察している間、患者はずっと放射線を浴び続けることになります。, 検査の状況にもよるのですが、1回の胃がん検診で、約10ミリシーベルト以上の放射線を浴びていることになるんです。人間というのは、生涯に100ミリシーベルトの放射線を浴びてしまうと、ガンを発症してしまうリスクが急上昇すると言われています。, こういった現実を考えると「ただのレントゲンで大げさだよ」という軽口も叩けない数値だと言えます。, ガンの代替療法として有名な免疫療法。副作用による辛さがない治療法として人気があります。, 簡単に言ってしまえば、人間にもともと備わっているNK細胞(ナチュラルキラー細胞)を採血によって取り出し、活性・増殖させて再び体内へ戻すという治療法です。抗がん剤治療とは違い、ガン細胞だけを直接攻撃するので、健康な細胞は無傷という、まさに夢のようなガン治療法と言えます。, しかし、日本では話題騒然の画期的な治療法なのですが、実はアメリカでは、医師が患者に免疫細胞療法を施していることが発覚した場合、逮捕されてしまいます。 がんに罹った場合、普通の健康保険やメディケアでは、実際にかかる費用の35%~40%しかカバーしないと言われています。 ガン保険とは、普通の健康保険の自己負担分や、保険が適用にならない自然療法や試薬、漢方薬などに利用できます。 1.1 安価な保険制度or高額の自由診療; 1.2 『標準医療』のアメリカと『医師の見立て』の日本; 2 日本とアメリカでの《手術・薬・検査》の違いとは. 日本人の二人に一人ががんに罹り、三人に一人が亡くなるこのご時勢である。 それに伴い、今では三人に一人ががん保険・がん特約に加入しているのが現状となっている。 SPONSORED LINK 非常識なアメリカの医療システム5選 その1 健康保険への加入は任意.

ダイタク リーヴァ 産 駒, ジャニーズ なぜ 頭いい, レーヴァテイン 東方, フェニックス ダーツ 社長, アメリカ大統領選挙 選挙人とは, 戸崎 落馬 今日, サムスン 副会長 親日, 岩田康誠 実家, 木原瑠生 愛してた, ハンファイーグルス 連敗, 岡崎慎司 ウエスカ, ベトナム戦争 体験談, 成田翔 サイドスロー, 小野伸二 リフティング Pk, 元ロッテ 清水, ダイタク リーヴァ 産 駒, 綾野剛 小説 裏, アニメイト 日本橋, 茨城 インターハイ, 静岡県高校サッカー 選手権 2020, イノセンス 冤罪弁護士 Op, 古坂大魔王 嫁 グラビア, 松下洸平 紅白, 坂本勇人 通算成績, 久間田琳加 部屋, 千葉ロッテマリーンズ ショート, 愛岐会 将棋, 大濠公園 ブルーギル, 新千歳空港 ラーメン道場 閉店, 武蔵野 ステークス 2016, ラーメンデータベース インスタ, 韓国企業 売上 ランキング, 有馬記念 2020 無観客, 原油価格 見通し 三菱, 酒井高徳 退院, ヨドンチェンジャー ブログ, コウノドリ2 配信, 浅野いにお 勇者たち 解説, 菅野 ロッテ なんj, 江別 サッカースクール, オバマ大統領 広島 米兵の手紙, キラメイジャー 変身ブレスレット, 木内まる 過保護のカホコ, 社会人サッカー 初心者, 岡田健史 岡田将生 兄弟, アメリカ兵 遺体, 将棋 速報, 燃えよ 荒鷲, サーシャ オバマ プロム, フレッツテレビ Nhk ばれる, 岐阜 将棋 ブログ, 逆行 英語 読み方, スーツ ドラマ 韓国, エリザベス女王杯 2008, ロッテ 菊池, 西武ライオンズ 一球速報, フェニックスリーグ 2020 宮崎, 捜査一課長 あんこ, 三浦弘行 藤井猛, 綾野剛 ギター, 安田純平 国籍, ローンサバイバー 2ch, 新井美羽 身長, パリーグ 2017, 明清高校 寮, 島崎遥香 2019, チョコレートcm 男性, アルカイダとは わかりやすく, 西島隆弘 ブログ, ウイニングポスト9 2020 シーキングザパール, キラメイジャー 指人形, 韓国ロッテリア チキン, 立志ステークス 予想, オリックス 内野手, 田村龍弘 成績, 将棋 5ch, 恋とは 男, 巨人 ソフトバンク なんj, 内田篤人 ワールドカップ2014, 坂本勇人 私服 帽子, 海街diary 評価, オバマ 名 演説, オバマ大統領 広島 スピーチ 和訳, ロッテ マーくん スケジュール, イギリス 移民 論文, テセウスの船 登場人物, 囲碁 王座戦 68期, Target Frontier Jv 予想方法, 加治将樹 結婚, ダーツ業界 噂,