リッドが自信を持って提供する
ワールドカップクォリティのチューンナップ

 世界中のレーシングサービスにこのマシンなくして勝利はないとまで言わせる超精密ストラクチャーマシン『MICRO NC』(マイクロNC)。そして、鏡のようにきれいで精巧な仕上げを実現するエッジ研磨マシン『TRIM JET』(トリムジェット)。リッドチューンナップサービスでは、世界中のスキーヤーが垂涎するこの2台のマシンをいち早く導入し、日本のスキーヤーに提供しています。

MICRO NC ストラクチャーマシン

nc_full.jpgimage1.jpgストラクチャーのパターン、溝の深さ、溝の縦ピッチ、横ピッチ、角度、オフセットの有無、そのパーセンテージ、ミックスアレンジ、オーバープリントなど、それぞれをミクロの単位でデジタル処理が可能。その組み合わせは、まさに無限です。従来機とは比較すること自体ナンセンス。

TRIMJET エッジグライディングマシン

DSCF8205.JPGDSCF8219.JPG従来のペーパーサンディングは、「この辺?」というアナログ処理で研磨面も傷だらけ。トリムジェットは、セラミックのディスクが高速回転する方式なので、研磨面はツルツルの鏡面に。しかも角度付けはコンマミリ単位のデジタル処理です。

1「いつ」、
2「どこで」、
3「どんなレベルのスキーヤーが」、
4「どんなシチュエーションで」使うのか

 リッドが提供するリードチューンは、乗り手とスキーとバーンコンディションがベストな状態でマッチングすることを意図して行っています。したがって、滑走面のフラット出しからエッジのミラーサンディング、ストラクチャーメイキングまですべての作業を行って最高のパフォーマンスを追求しています。また、このスキーは、1「いつ」、2「どこで」、3「どんなレベルのスキーヤーが」、4「どんなシチュエーションで」使うのか、といった細かなニーズや情報をもとに、よりターゲットを特定しベストマッチの設定を探します。

膨大なデータから、
最適な設定を探し出す

 リードチューンは、パターンや角度、深さなどをお客様のニーズや好みに応じて設定することができます。この場合、どのパターンがどの状況に有効かについて、テストデータなどから作ったリッドオリジナルのマッチング表がありますので、そちらを参考にしてみてください。初めてでよくわからないという場合は、「おまかせ」ということで、前述の4つの情報をお伝えいただければこちらでオススメの設定をご説明し、よければ作業に入ります。